ローマの休日の作品情報・感想・評価

ローマの休日1953年製作の映画)

ROMAN HOLIDAY

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.1

「ローマの休日」に投稿された感想・評価

小一郎

小一郎の感想・評価

4.9
「午前十時の映画祭8」で鑑賞。説明不要の大傑作。ストーリー、キャスト、演技、衣装、映像などどれをとってもスキがない。アン王女と新聞記者のブラッドレーのラブコメディという月並みともいえる題材を、とても楽しく、美しい物語へと昇華している。

主演のオードリー・ヘプバーンの美しさ、愛らしさ。これが休日だよねと、やってみたくなるようなシーンの数々。ハメを外しながらも、王女としての自分を決して見失わないアン王女の分別。切なくも、しっかり通じ合う二人の思い。全部良くて、今でも全く古びることがない。

ローマの名所旧跡を巡りながら、笑って、ハラハラして、感動して…。コロンナ宮殿(現在は美術館)での記者会見のシーンで、アン王女の真心にジーンとし、ブラッドレーとの信頼関係にほっこりする。本当に大切なものは何かをサラリと示す、さすがのトランボ脚本。

一番好きなシーンは宮殿からブラッドレーが去りゆくラスト。白黒でも素晴らしさが良く伝わってくる宮殿に、たなびく余韻。ああ、いい映画見たなあ、と。いつか、また見ると思う。

●物語(50%×5.0):2.50
・スキなし。

●演技、演出(30%×5.0):1.50
・オードリーの凄さを体感。“聖地巡礼”もしたくなる。

●映像、音、音楽(20%×4.5):0.90
・カラーでも見てみたい。技術の進歩できっとそのうち…。
Airi

Airiの感想・評価

4.0
名作!この時代に撮影地ローマっていうのは割とすごいのかな?
建物がキレイ!
オードリー・ヘプバーンがめちゃかわいいです♡
これもストーリにユーモアがあって楽しいです。
最後はとても切ない(;_;)

このレビューはネタバレを含みます

・最初の舞踏会のシーン、オードリーが美しすぎて初っ端号泣
・オードリーのウエストの細さに驚愕
・オードリーの顔の造形に終始見惚れる
・モノクロでもわかるオードリーの肌の綺麗さ
・真実の口シーン、アドリブと分かってから見たときのニヤけ
・オードリーの衣装ぜんぶかわいい
・ジョーの部屋のインテリアをそっくり真似したい
→私もワインを常備したい
→カジュアルに振る舞いたい
・スクーターで暴走するシーン、どうやって撮ったのだ?
→あとでベスパと分かってなぜか嬉しい
→一般人と俳優との境目がわからない
・グレゴリー・ペックいい男すぎ
→川から上がったときのキスシーン最高
・私もローマのカフェでエスプレッソ飲んでタバコ吸いたい
フォロワーさんのインスタで所有されている本作のチラシをupされていたのを見つけ、フィルマークス登録当初☆評価のみでレビューしていたのですが万が一のお知らせのために再アップ

この作品、好きな方はいても嫌いな方っていませんよね♪
いるとするなら、単にあらさがしが好きな天邪鬼ではないかと(*'ω'*)

おそらく大抵の方は録画もしくは視聴しているかと思いますが、とても興味深く幸せな気持ちになれる番組だったので、御存知ないごく少数の方々に向けて明日の再放送時間と番組名をURLでチョロっと♪
http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/3444/1453076/index.html
オードリーがものすごくかわいい
ストーリーも街並みも素敵〜
なぐ

なぐの感想・評価

4.8
言わずと知れた名作をやっとのことで初観賞。

オードリーヘップバーンは今の人が見てもキレイだって思う顔立ちしてた。
ラブストーリーやコメディの要素としても楽しめるし、映画の内容の裏には戦争へのメッセージなどもあって正に「名作」だった。
hakata

hakataの感想・評価

4.0
美しすぎる
素敵すぎる
Hanaagoo

Hanaagooの感想・評価

2.0
このクオリティで半世紀前の作品だなんて驚きを隠せない。オードリーが美人という概念から外れすぎて言い表せられないけど、人類の中で1番美しく可憐で繊細だなと思う。ストーリーはシンプルだけど、制作から半世紀経った今でも見て飽きないし展開がいい意味で淡々と進んで見やすいし白黒の良さ、古き良き価値観みたいなのが伝わって来た作品。もう一回見たいな、
再鑑賞。
チャーミングで切なくて、大好きな一本。
オードリーは本当に歴史に残る美女で魅力的すぎる。

白黒映画の良さもいっぱい詰まってるけど、これをカラーでもみてみたかったなー。話の構成はいたってシンプルなのに、魅せられる。

色褪せない。
>|