ローマの休日の作品情報・感想・評価

ローマの休日1953年製作の映画)

ROMAN HOLIDAY

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.1

「ローマの休日」に投稿された感想・評価

小一郎

小一郎の感想・評価

4.9
「午前十時の映画祭8」で鑑賞。説明不要の大傑作。ストーリー、キャスト、演技、衣装、映像などどれをとってもスキがない。アン王女と新聞記者のブラッドレーのラブコメディという月並みともいえる題材を、とても楽しく、美しい物語へと昇華している。

主演のオードリー・ヘプバーンの美しさ、愛らしさ。これが休日だよねと、やってみたくなるようなシーンの数々。ハメを外しながらも、王女としての自分を決して見失わないアン王女の分別。切なくも、しっかり通じ合う二人の思い。全部良くて、今でも全く古びることがない。

ローマの名所旧跡を巡りながら、笑って、ハラハラして、感動して…。コロンナ宮殿(現在は美術館)での記者会見のシーンで、アン王女の真心にジーンとし、ブラッドレーとの信頼関係にほっこりする。本当に大切なものは何かをサラリと示す、さすがのトランボ脚本。

一番好きなシーンは宮殿からブラッドレーが去りゆくラスト。白黒でも素晴らしさが良く伝わってくる宮殿に、たなびく余韻。ああ、いい映画見たなあ、と。いつか、また見ると思う。

●物語(50%×5.0):2.50
・スキなし。

●演技、演出(30%×5.0):1.50
・オードリーの凄さを体感。“聖地巡礼”もしたくなる。

●映像、音、音楽(20%×4.5):0.90
・カラーでも見てみたい。技術の進歩できっとそのうち…。
yukiadachi

yukiadachiの感想・評価

4.3
かわらず名作。
そして、ヘップバーンが可愛すぎ!!
真実の口に手を入れて抜けなくなったふりをする下りは、グレゴリーペックがいたずらでやったところ、オードリーが本気にしたとか。オードリーヘプバーンが可愛すぎる!
m

mの感想・評価

4.0
なんで今日までこの映画を観ずに生きてきたんだろう!最初から最後までオードリーのくるくる変わる表情に心を奪われて胸がぎゅっとなった。
しおる

しおるの感想・評価

4.4
父とずっと一緒に見てた映画
洋画を見るのはこれが初めてだったかもしれない
素敵だ……
そして私はオードリーヘップバーンが好きだ……
何度見ても本当に素敵な映画。
1度目を映画館で見れて本当によかったと改めて思った。
1230

1230の感想・評価

3.4
言わずもがな名作なのにDVD家にあるからって後回しにしてたコレをやっと観た。
せ、切ねえ〜〜〜〜〜。・°°・(>_<)・°°・。ってかなり心を掴まれたけど、ようく考えたら、わたしが王女の立場だったら、最後のネタにドン引きするだろうと思った。ヘプバーンの美しさと作品の爽やかさと名作っていうフィルターにかけられてるから感動したけど深く深く考えるとつっこみどころがたくさん出てくる。。。(世界中の人に殴られそう)
とはいえ、ヘプバーンが存分に美しいのでそれだけでも観る価値がある、というか一度は観なければいけない作品だと思った。
白黒なのになぜ、あんなに色があるんだろう。
ウディアレン作品を観ているように、さまざまな観光地や風景がたくさん出てきて、ローマに行きたくなった。わたしもジェラート食べて真実の口に手を入れてイタズラされてテラスの席でお酒を飲みたい。
ストーリーは単純ですが、昔の恋愛!昔の映画!という感じで、観てよかったなぁと思いました。オードリーヘップバーンが可愛すぎました。
>|