ローマの休日の作品情報・感想・評価

ローマの休日1953年製作の映画)

ROMAN HOLIDAY

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.1

「ローマの休日」に投稿された感想・評価

小一郎

小一郎の感想・評価

4.9
「午前十時の映画祭8」で鑑賞。説明不要の大傑作。ストーリー、キャスト、演技、衣装、映像などどれをとってもスキがない。アン王女と新聞記者のブラッドレーのラブコメディという月並みともいえる題材を、とても楽しく、美しい物語へと昇華している。

主演のオードリー・ヘプバーンの美しさ、愛らしさ。これが休日だよねと、やってみたくなるようなシーンの数々。ハメを外しながらも、王女としての自分を決して見失わないアン王女の分別。切なくも、しっかり通じ合う二人の思い。全部良くて、今でも全く古びることがない。

ローマの名所旧跡を巡りながら、笑って、ハラハラして、感動して…。コロンナ宮殿(現在は美術館)での記者会見のシーンで、アン王女の真心にジーンとし、ブラッドレーとの信頼関係にほっこりする。本当に大切なものは何かをサラリと示す、さすがのトランボ脚本。

一番好きなシーンは宮殿からブラッドレーが去りゆくラスト。白黒でも素晴らしさが良く伝わってくる宮殿に、たなびく余韻。ああ、いい映画見たなあ、と。いつか、また見ると思う。

●物語(50%×5.0):2.50
・スキなし。

●演技、演出(30%×5.0):1.50
・オードリーの凄さを体感。“聖地巡礼”もしたくなる。

●映像、音、音楽(20%×4.5):0.90
・カラーでも見てみたい。技術の進歩できっとそのうち…。
ami

amiの感想・評価

4.5
何回も観てます
Nia

Niaの感想・評価

4.6
すんごい好き
中一の時に見て以来洋画が好きになったきっかけ
冷静に観たらジョーさんはけっこう酷い男なところ(主に前半)も良い
うまく言葉に出来ないけど幸せで悲しくて好き
KJ

KJの感想・評価

4.3
王女パートと、プライベートパートの、オードリー・ヘップバーンの演技の使い分けが見事
美しいわー
いや、メチャクチャかわいい

「タレントとかで好きなタイプって誰?」と聞いといて、最近流行りの人とかを何気に言うと不機嫌になったり、急にその人をディスりはじめたりする女性の心理ってなんだろうね!?
と思ったことがあったので
そういう質問に関しては「んー、オードリー・ヘップバーンかな!」と返すようにしてみたところ、「あぁ、……キレイやね」と、すぐ話が終わるのでオススメ
人類史トップクラスをディスりようがない
「じゃあ、日本人は?」に対しては「んー、夏目雅子かな!」
「おぉう……(;´д`)」
と何も言えなくなる。もしくは吉永小百合で間違いない。
ぐうの音も出ないでしょう
やーせ

やーせの感想・評価

4.2
ヘプバーンがかわいいと思う。
ローマの魅力がとても出ていて、60年以上たった今でもとても見応えあり、
ワイラー監督の手堅い演出により王女と新聞記者との1日の恋を淡々と書いている。終盤はただただ切ない。
かわいいお姫様
y

yの感想・評価

3.8
オードリーヘプバーン美しい💓✨
>|