ローマの休日の作品情報・感想・評価

ローマの休日1953年製作の映画)

ROMAN HOLIDAY

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.1

「ローマの休日」に投稿された感想・評価

傑作!繊細な心理描写に加えて、映画全体の穏やかさやコミカルさ、ワクワク感。ここまで完璧なプリンセス・ラブロマンス、不朽の名作と言われるのも納得。
アン(オードリー・ヘップバーン)が、王女としての気品もありつつおてんばなのがとても可愛いらしい。他の登場人物も、ジョー(グレゴリー・ペック)含め、みんなどこか品があって優しく、映画全体が穏やか。
始めは特ダネ目的で近づきながら、次第にアンに心惹かれていくジョーの心理描写、アンの心の動きもそれぞれとても丁寧に描かれていて心地いい。
ドリフかと思えるくらい(笑)、笑えるコミカルな描写も全体に散りばめられていて見やすい。
王女が1日別人としてローマの街で過ごすワクワク感は、性別を問わず誰でも楽しい気分になれると思う。
とても気持ちのいい2時間でした!
午前十時の映画祭にて鑑賞。
Nana

Nanaの感想・評価

5.0
記録!
K

Kの感想・評価

-
2019年1月1日(火)
yu

yuの感想・評価

4.2
可笑しくて可愛らしくて。
ちゃんとみてよかった。
ローマもっかい行かなきゃね。
mie

mieの感想・評価

3.8
記録
みい

みいの感想・評価

4.2
イタリアに行く前に見ておこうと思って。

オードリーヘップバーンかわいいな、、
mzk

mzkの感想・評価

5.0
少し幼稚で無邪気なお嬢さん、な王女が
24時間後、凛とした大人の女性になって
そこに居る、というところがすき
さなえ

さなえの感想・評価

4.0
ザ・ロマンティック。
景色も人もすべてが素敵。
最高です。

オードリー・ヘップバーンが本当に国宝級の美貌でもう... こんなに美しい人見たことねぇや...

白黒映画だったけど、これにカラーが付いていたらまたどんなに美しかろうと思わずにはいられない。
ヘップバーン主演の作品は初めて見たけど、彼女の美しさに平伏しました。

内容はいたってシンプルで、切ないラスト。お互いがお互いを思わない日はないことでしょうな。
>|