ローマの休日の作品情報・感想・評価

ローマの休日1953年製作の映画)

ROMAN HOLIDAY

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.1

「ローマの休日」に投稿された感想・評価

傑作!繊細な心理描写に加えて、映画全体の穏やかさやコミカルさ、ワクワク感。ここまで完璧なプリンセス・ラブロマンス、不朽の名作と言われるのも納得。
アン(オードリー・ヘップバーン)が、王女としての気品もありつつおてんばなのがとても可愛いらしい。他の登場人物も、ジョー(グレゴリー・ペック)含め、みんなどこか品があって優しく、映画全体が穏やか。
始めは特ダネ目的で近づきながら、次第にアンに心惹かれていくジョーの心理描写、アンの心の動きもそれぞれとても丁寧に描かれていて心地いい。
ドリフかと思えるくらい(笑)、笑えるコミカルな描写も全体に散りばめられていて見やすい。
王女が1日別人としてローマの街で過ごすワクワク感は、性別を問わず誰でも楽しい気分になれると思う。
とても気持ちのいい2時間でした!
午前十時の映画祭にて鑑賞。
natsuko

natsukoの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

切ない
Hachi888

Hachi888の感想・評価

5.0
オードリーが可愛すぎます><
殻に閉じこもっていたオードリーが少しずつ心を開いていく感じが好きです^^
解説なども含めて観ていたので、より感じました!
Sana

Sanaの感想・評価

3.6
久しぶりに見たので最レビュー

オードリーがブレイクするきっかけとなった作品、オードリーとグレゴリーペックの代表作の一つローマの休日。


ローマを舞台に宿舎から逃げ出した王女様がジャーナリストと出会って1日限りの恋に落ちるってゆう設定なんだけど最後はどこかララランドを思わせるような、、

1953年のモノクロ具合が時代を感じさせられる作品でもあります。

オードリー出演映画で彼女が着ている服はどれも可愛くてオシャレで気品があるものばかりだとおもうのですが、ローマの休日では目立って服装が変わらないのでたぶんオードリー作品の中でも1番着替えが少なかった映画じゃないかな?
と思ったり🧐笑

グレゴリーペックのイケメン度とボイスも魅力的でした😍

個人的に何度見ても良いのはグレゴリーが真実の口の中に手を入れてオードリーを脅かすシーンなのですが、実際に彼のアドリブで行ったそうなのでオードリーのリアルな演技が見れるのも面白いです🤣

モノの色彩を想像するのもモノクロ映画ならではの楽しみです✨

改めて良い作品でした✨
まさす

まさすの感想・評価

4.2
オードリー・ヘプバーンがぎゃんかわ
なな

ななの感想・評価

3.5
名作なので三度見た。
オードリーヘップバーンの美しさ、チャーミングさが圧倒的に生えすぎてストーリーなどどうでもいい。
歴史的。
wakana

wakanaの感想・評価

3.8
名作。オードリーヘップバーン美人すぎる。
オードリーヘップバーンってやっぱりすごく美しい人だなあって思った、、、
やっと観られました、、
ローマに行きたくなったし、なによりもアン王女の最後の立ち居振る舞いがとても好き。
凛としてて美しく、さらに可愛かったなあ、、
白黒を感じさせない美しさと鮮やかさ。
自分まで非日常を体験している気持ちになれた。
>|