ローマの休日の作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(1館)

ローマの休日1953年製作の映画)

Roman Holiday

上映日:1954年04月21日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

「ローマの休日」に投稿された感想・評価

なつみ

なつみの感想・評価

4.7
だいっすき!!!!!
毎年見たくなる映画の仲間入りだ。
hal

halの感想・評価

4.1
初めてちゃんと観たグレゴリーペックはかっこいいしオードリーヘプバーンはアホほど可愛い
可愛い人だったなあ
終わり方がまたいい
不朽の名作と呼ばれる恋愛映画を観たい方にオススメ!
白黒の映像で面白い映画を探している方にオススメ!

オードリーヘプバーン演じるアン王女とごく普通の新聞記者との恋愛物語。
アン王女はその名の通り由緒正しきお家柄。ただ、お姫様ながら活発な性格なので、礼儀や作法に縛られた毎日の公務に退屈していた。
そんなある夜、とうとう宮廷から脱走してしまう。
そこで偶然出会ったのが新聞記者。
お互い身分が全く分からなかったのだが、新聞記者はアンが王女であることを知り、王女のプライベートなネタを掴んで一儲けしようと企む。
一方の王女は家出に後ろめたさを感じながらも、1日だけと決めて外の世界を楽しむことにする。
そんな2人の関係性が時間を追うごとに変わっていく様子が見所のラブストーリー。

一言で表現するなら「世界一素敵なワンナイトラブ」(語弊はあるかと思いますが…)
内容的にはコメディのような無理くりな展開もあるが、お互いが徐々に惹かれ合っていく心の距離感は上手く描かれているので、最後まであっという間に観終わった。というか、今後の展開まで気になるという意味では足りないぐらい。
白黒で映像的には劣っているのに今見ても面白かったので、不朽の名作と言われるのは納得だった。
オードリーヘプバーンの映画は初めて観たが、美人が際立って周りから完全に浮いている。大げさに書いてるようですが、共感できるはず!
なかの

なかのの感想・評価

5.0
色がある
オードリーヘプバーンの血がわたしの中にと思うほど感情も美しいと思う感情も全部持っていかれた
私は映画とか全然知識ないけど可愛いだけははっきりわかるこの世でいちばん可愛いを美しいを持ってる歴史上の人物!
数字とかわからん可愛い
ぱぴこ

ぱぴこの感想・評価

4.5
2020年6作目。

ラブコメの金字塔とも言われている、『ローマの休日』をようやっと鑑賞!

アン王女演じるオードリー・ヘプバーンがとにかくキュート😍😍😍
この時はほぼ無名の新人だったらしい😮

全編通して白黒映画をあんまり観た事ないから最初は違和感感じたけど、途中からそんなのが気にならないくらい夢中で観てた!笑
なんてったって音楽が綺麗だから、その影響でローマの街が色づいて見えたよ✨

アン王女とジョーの恋の行方、身分違いもあるからちょっと切ないけど、美しい…😊
ラストシーン、個人的にすごく好きです🙌
ラブコメが好きと語るならまずは観るべき作品かも!😉
MIZUHO

MIZUHOの感想・評価

3.6
一瞬の幸せより一生の人生
てをいれる
>|