ローマの休日の作品情報・感想・評価・動画配信

ローマの休日1953年製作の映画)

Roman Holiday

上映日:1954年04月21日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.1

「ローマの休日」に投稿された感想・評価

jelly

jellyの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

すごく好きな作品だった。
いくらやんちゃな事をしていても溢れ出る育ちの良さ、気品がとても美しかった。
オードリーヘプバーンの映画初めてみたけど白黒でもめちゃくちゃ綺麗だった。
ラストシーンは彼女の美しさと僅かな所作から内に秘める想いを感じて思わず涙が出た。
そのまま物語は終わり、、
儚すぎてまた泣いてしまった。
なっつ

なっつの感想・評価

4.6
なんでこんなに可愛いの?!
YURI

YURIの感想・評価

5.0
子供心に、かわいい!すてき!って感動して
テレビでやるたび大好きで何度も見ていたのに
なぜか記録し忘れていた。

でも、記念すべき1000本目に記録できてなんか感動。

お姫様だって女の子!
めちゃくちゃ良い
オーセンティックでエッセンシャル
最後の記者会見の質問と答え、とても好き
7

7の感想・評価

4.5
アン王女って実在したよね?っていうオードリーヘップバーンの美しさ。何回見ても素晴らしい映画!
アン女王、何処にいても何をしてても気品があって、溢れ出る王女感、って感じなのに、突然少女に戻ったようにはしゃいだりして可愛すぎた。ラストの笑顔からの一瞬の涙を堪える表情も絶妙だと思った。天才…。ストーリーも最高だった…。
ヨーロッパ最古の王室の王位継承者であるアン王女は、欧州各国を親善旅行で訪れていた。ローマでも公務を無難にこなしていくアン。だが実は、彼女はこれまでのハードスケジュールで疲れやストレスが溜まっていた。主治医に鎮静剤を投与されるものの、気の高ぶりからか逆に目が冴えてしまった彼女は、こっそり夜のローマの街へ繰り出すことに。やがて、薬が効いてくるとベンチで寝入ってしまうアン。そこへ偶然通りかかったアメリカ人の新聞記者ジョーは、彼女を一国の王女であることも知らずに自分のアパートで休ませるのだが…。
nonbo

nonboの感想・評価

3.0
かわいい!

名シーンがいっぱいです。
白黒なので、慣れるまでは少し観づらいかも。
>|