ノーボーイズ,ノークライの作品情報・感想・評価

「ノーボーイズ,ノークライ」に投稿された感想・評価

onoyame

onoyameの感想・評価

3.7
主人公たちを取り囲む環境はかなり深刻でどうしようもないのに、妻夫木聡とハ・ジョンウのカラオケシーンや喧嘩シーンは最高に青春映画のワンシーンで胸が熱くなる。
二人が会話を始めた瞬間から二人のどうすることもできない人生が動き始めた。互いに互いを補うような関係が生まれ始めていた。だからこそ自らの身を投げ出すこともできた。その関係が鈍く光って切ない。

しかしなんなんだろうこの映画は。自分ではどうすることもできなかった主人公たちの人生が、そのまま映画の展開であるような気がする……。
myusha

myushaの感想・評価

3.0
怒りの時も思ったけど、妻夫木聡って一人でも生きていこうと思えば生きていけるだけの力があるんだけど、強いか弱いかで言うと弱くて、だから誰かが彼を見つけてくれて寄り添ってくれるならいいのに、って思わせる天才だと思う。大きなからだでひょこひょこちぢむように動くヒョングが愛おしかった。全身でさびしいって言ってるみたいな。滑稽であればあるほど涙がでてくるシーンがあって、ラストはああ、待って、待って…と願うばかり。渡辺あや脚本が好きな方はおすすめです。いいものを観させてもらった
思いがけずブロマンス映画だった感じ。ふたりでPUFFY歌うシーン好きだなぁ
妻夫木くんの歌唱シーンに全てが詰まってる。
深夜にテレビで放送してたら見ちゃって、好きになるタイプの映画。
タビ

タビの感想・評価

-
ハ・ジョンウ目当てで。
茶髪で色黒のハ・ジョンウは初めて見た。

内容は暗くて救いがない感じ😣
どうにもこうにもままならない。
人生投げ出したい感じで😢
ラストはどう解釈したら良いのかなぁ😭

ただ、妻夫木聡と2人で歌う「アジアの純真」が良かった。
お

おの感想・評価

-
ハジョンウと妻夫木聡がアジアの純真歌うところ嬉しすぎてわけわからなかった
Iroihs

Iroihsの感想・評価

2.5
PUFFY歌うとこ かわいい。まりんの音楽が良い。
貧困層の日本人(妻夫木聡)と韓国人(ハジョンウ)が、ボートで違法に荷物を持ち込む仕事をしていたが、ある事件が起こり、追われる身になっていく。

舞台は2009年日本で、いろいろ古~っ!って思ったけど、次第になんだか懐かしい感じがして、あっつい夏の夜に似合う映画だった。

どちらも貧しく、そんな仕事をしていて、何も上手くいかないのに問題ばかり積み重なっていく。
でもそんな中、カラオケ大会で歌う「アジアの純真」は最高すぎでしょう((T_T))🐼
最悪な人生の中の、一瞬のきらめき。
もうどうにもならなくても、もがいてもがいて生きていく。

後半でやっとこれが新潟ロケということに気づいて、なおさら胸が熱くなりました。
ryodan

ryodanの感想・評価

4.5
ジャケット通り、妻夫木さんの泣き顔がサマに見えた作品。社会の底辺でもがき苦しむ日本人と韓国人の話。どうしようもないどん詰まりの生活描写がリアル。夢も希望もないを絵に書いたよう。外道の道しか選択肢がないのもうなづけてしまう。かたや韓国人の、言ったらこちらが主人公みたいなもので、同じくらいのどん詰まりなのに、ちょっとお気楽なところが魅力的でした。地域のカラオケ大会のシーンは名シーンだと思いますよ。最後の帳尻合わせは、あぁやっぱりそうなるだろうなっていう悲哀に満ちてます。友情というより自分の人生に希望がないから、命を軽くしている、だから・・・っていう作品です。
家族の呪いものです。キツイ内容の割に演出がところどころチャーミングで、真っ黒なハジョンウが可愛い!

冒頭いきなりチョンインギが出てきて得した気分〜!

たまに流れる音楽がやたらイイと思ったら砂原良徳が担当してるとな!!説明不要かと思いますが元電グルです😊

ハジョンウがあゆ歌ってる〜!!「ビースティ・ボーイズ」の歌舞伎町、「お嬢さん」の三重、そして本作の新潟ロケ、他にもあるんだろうか?ハジョンウけっこう日本来てるんだなぁ😊てかこれ、(ハジョンウの台詞はほとんど韓国語なんですが)日本語が「お嬢さん」よりずっと聞き取りやすいのはどうして?😊

妻夫木聡の映画って初めて見たんです。本当に失礼なんですけど、ちゃんと役者なんだなぁと…。
元カノに詰め寄るシーンで溢れ出る身勝手さ、どうしようもない男のキモさ!!これ、ちゃんと演技してなかったら顔面でなんとかなっちゃうじゃない、、。
物に当たるシーンなんかもリアルすぎて…。この年齢でこの状況と精神状態、辛いね、辛いよな…。
そして韓国語の台詞がうまい、忙しいスケジュールを縫って覚えた台詞とはとても思えない自然さ!やればこんだけ出来るんだなぁ〜わたしも頑張ろう〜😊

在日のオヤジがイ・デヨンで韓国にいるその姉が「クムジャさん」の夫婦強盗キム・ブソンなんですが、なんか続けて見るとこの二人本当にきょうだいに見えるから面白い!イデヨンが年下なわけねーじゃんと思ったんですが、実際3歳下でしたー!!
イデヨンも日本語の発音上手かった!!

あとチスがちょーーー可愛かった!チス役のチャ・スヨン、「ビューティフル /아름답다 」って主演映画あるんですね。観てみようかな!

わたしの実の母親も、生まれてすぐ兄弟を連れて離別してるので、母親に捨てられたのかもしれないと思いながら生きるコンプレックスがどこかにあったんですよね。自分で母親を探し出したことでわたしはそこから解放されたんですが。
ヒョングにとってのそれは、亨とのやり取りの中で生まれた希望に変わり、そしてその希望がヒョングをあのラストに向かわせたのでしょうか。
マーメイド。美しく描いてくれてよかったな。
>|