honeyhollow

虚栄の市のhoneyhollowのレビュー・感想・評価

虚栄の市(1935年製作の映画)
3.5
エンパイアドレスだらけで鼻血でそうだった

ワーテルローやらウェリントン公やら出てきても歴史の胎動をまったく感じさせない悪女の無防備な栄枯物語。それでも運命の舞踏会の風は見応えあった。