松岡茉優

学生野郎と娘たちの松岡茉優のレビュー・感想・評価

学生野郎と娘たち(1960年製作の映画)
3.5
中平康の群像劇。つまらなくはないが同じく群像劇の『誘惑』より下手になってないか?カメラ構えた記者が大勢いるショットだったり、浜辺のショットだったり中平所々フェリーニ(『甘い生活』)意識してるのか?中平作品常連の中原早苗はめちゃ良い。やっぱり中平の映画を支えてたのは間違いなく中原早苗。
一方もう一人の主役こと芦川いづみ。いつも通りだが中平作品だとほんと報われねえな。本作ではクズの姉がいて、それに加えて男に打たれまくる。可哀想…。岡田真澄も水をぶっかけられます。