ひらゐし

僕達急行 A列車で行こうのひらゐしのレビュー・感想・評価

僕達急行 A列車で行こう(2011年製作の映画)
3.5
ほのぼのとした雰囲気が平和で見ててニコニコした
瑛太と松ケンの独特の演技と台詞回しも役柄にあっていて好き
好きなことに夢中になっている人って見ていて楽しいなあ

少し話ができすぎている感じもあったが、芸は身を助けるということで。

森田芳光監督はこれと家族ゲームしか見たことないが、独特の世界観を持っている人なのかな