Momoka

カイロの紫のバラのMomokaのレビュー・感想・評価

カイロの紫のバラ(1985年製作の映画)
4.0
どんなに辛いことがあっても映画を観ている間だけは現実を忘れて違う世界へ行くことができる。そんな映画の世界の登場人物がもしも画面から飛び出してきたら、そして自分も映画の世界に行くことができるとしたら…。そんな、映画が好きな人なら誰でも憧れてしまう夢のようなお話。
最後の終わり方も好き。夢は夢のままだからこそよくて、永遠に叶わない憧れ続ける夢があることも素敵だと思った。見た後に人におすすめしたくなる作品。