パットン大戦車軍団の作品情報・感想・評価

「パットン大戦車軍団」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

3.8
「パットン大戦車軍団」
原題「Patton」
1970/6/27公開 アメリカ作品 2018-028
アカデミー賞作品賞再鑑賞シリーズ
1971年第43回 アカデミー賞作品賞

フランシス・フォード・コッポラが、エドマンド・H・ノースと共に2冊の伝記から脚本を制作した事で有名な作品ですね。
ストーリーは、今時の映画じゃまずみられないインターミッション(休憩)を挟み丸々3時間かけて描かれる波乱に満ちたアメリカの国民的英雄の姿を描いたものです。それにしてもパットンの生き様はエキセントリックで偏執狂で、色んな顔をみせます。戦場にいないと精神の均衡を崩してしまうほどの戦争狂いであり、規律に厳格な軍人であり、それだからこそ、アメリカを勝利に導けたのかも知れません。
それにしてもパットンを演じたジョージ・C・スコットの演技は凄まじく、アカデミー最優秀主演男優賞を受賞し、「史上最高の演技の1つ」と賞賛されましたが、スコットはオスカーの授賞式を「肉のパレード」と呼んで受賞を拒否した逸話も有名ですね。
音楽、戦闘シーンも素晴らしい!!
あと、全く本編とは関係ないですが、パットン将軍のユニフォームがとにかくオシャレ!バーバリーのトレンチコートもステキな着こなしです。

第2次世界大戦のアフリカ戦線でナチス・ドイツ軍を相手に闘ったアメリカの名将、ジョージ・S・パットンの波乱に満ちた半生を、「猿の惑星」のフランクリン・J・シャフナー監督が映画化した戦争スペクタクル。パットン将軍をジョージ・C・スコットが熱演しアカデミー主演男優賞に輝いたが、これを辞退したことで話題になった。他にもアカデミー作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞など、1970年度の最多7部門を受賞。
なお

なおの感想・評価

3.5
アメリカのパットン将軍の伝記物語。大きなアメリカ国旗の前でパットンが演説するオープニングがかっこいい。パットン将軍は戦争が生き甲斐。口が災いして何度か干されることも。親友軍人ブラッドリーとも最初は上手くいってたが、性格が正反対で次第に溝ができていく。仲間の軍人に絶対無理と言われたが、パットン軍団は雪道の150kmを2日間でベルリンまで到達し勝利する。本作を観て感じたのは、パットンが部下の士気を高めていくという部下との交流の描写がほとんどなかったのが残念。
パットン役のジョージCスコットはアカデミー賞を辞退したそうだが、演技は本当に素晴らしい。
31monks

31monksの感想・評価

3.0
天然の強みと弱み。どちらかというと弱みの方が強調されて描かれていたか。
この戦争love爺さんがいたから勝てたけど人殺しの栄光なんかクズ同然

大戦車軍団の映画ではなくパットンの映画

FOXは冒頭の演説が気に入らなくてコッポラをクビに
後にこの映画と言えば!になったのは言うまでもない
Ohu

Ohuの感想・評価

2.6
備忘録
くろお

くろおの感想・評価

3.6
戦争大好きジジイ。
最初は何だコイツ?って感じだが、観てくに従って彼の人間が分かるようになってる。
お近づきにはなりたくないけどねー
映画JP

映画JPの感想・評価

3.0
第3軍率いたパットン。
クズ同士乾杯しようじゃないか!
👍 面白い
>|