パットン大戦車軍団の作品情報・感想・評価

「パットン大戦車軍団」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

3.8
「パットン大戦車軍団」
原題「Patton」
1970/6/27公開 アメリカ作品 2018-028
アカデミー賞作品賞再鑑賞シリーズ
1971年第43回 アカデミー賞作品賞

フランシス・フォード・コッポラが、エドマンド・H・ノースと共に2冊の伝記から脚本を制作した事で有名な作品ですね。
ストーリーは、今時の映画じゃまずみられないインターミッション(休憩)を挟み丸々3時間かけて描かれる波乱に満ちたアメリカの国民的英雄の姿を描いたものです。それにしてもパットンの生き様はエキセントリックで偏執狂で、色んな顔をみせます。戦場にいないと精神の均衡を崩してしまうほどの戦争狂いであり、規律に厳格な軍人であり、それだからこそ、アメリカを勝利に導けたのかも知れません。
それにしてもパットンを演じたジョージ・C・スコットの演技は凄まじく、アカデミー最優秀主演男優賞を受賞し、「史上最高の演技の1つ」と賞賛されましたが、スコットはオスカーの授賞式を「肉のパレード」と呼んで受賞を拒否した逸話も有名ですね。
音楽、戦闘シーンも素晴らしい!!
あと、全く本編とは関係ないですが、パットン将軍のユニフォームがとにかくオシャレ!バーバリーのトレンチコートもステキな着こなしです。

第2次世界大戦のアフリカ戦線でナチス・ドイツ軍を相手に闘ったアメリカの名将、ジョージ・S・パットンの波乱に満ちた半生を、「猿の惑星」のフランクリン・J・シャフナー監督が映画化した戦争スペクタクル。パットン将軍をジョージ・C・スコットが熱演しアカデミー主演男優賞に輝いたが、これを辞退したことで話題になった。他にもアカデミー作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞など、1970年度の最多7部門を受賞。
sorahi

sorahiの感想・評価

3.5
「敵への恐怖は忘れ、わしへの恐怖は忘れんようにさせたい」

いまの時代、この映画のパットン将軍に共感すると表明するだけで激しく非難されそうですが、大事を成し遂げるためには、これぐらい徹底して信念を突き通すのが司令官の役目かも、と感じました。

厳格、規律、ときにパワハラ(今の基準に照らして)。

休みの日にはあまり考えたくないのですが、ちょっとだけ、自分の職責遂行にヒントと勇気を貰いました。

人の上に立つことの重さ。意志、責任、そして矜恃。

「わしは戦場が好きだ。わしの命以上にだ」
mi

miの感想・評価

4.8
冒頭のシーンを筆頭に視覚的にも印象的な場面が多い
脚本コッポラ
『パットン将軍最後の日々』
E.H.カー「歴史は現在と過去との対話である」
RY0

RY0の感想・評価

3.5
・2018/09/01

「将軍、どちらへ?」→「ベルリンさ。ちょびヒゲのへっぽこ絵描きをわしがブッ殺してやる」
「ナポレオンを負かしたのは軍旗でも血でもない。ただの雪だ」
「ドイツを武装解除する前にロシアを叩くべきだった。我々は戦う相手を間違えた。わしに任せりゃ口実を設けて10日で開戦してやる」

 アフリカ戦線の映画が観たくなったので鑑賞。長いものの名言が多い。USA! な映画なのが一発でわかる冒頭も良い。
まりも

まりもの感想・評価

4.5
単に、

ジョージ・C・スコット

目当てで観賞。


おかげで、すんなりと
良くも悪くも
パットン将軍に、のめり込めた。

面白かった。


改めて、ジョージ・C・スコット
凄い!!
大木茂

大木茂の感想・評価

3.3
ジャケットとアカデミー賞でいつかは観ようと思っていた作品
1950年代くらいの映画だと思ってたわ
脚本がコッポラとは驚き(当時25.6歳らしい…)

冒頭の観客への演説は当時は不思議がられたらしい
確かに階級が星4つだわその後から始まってる、話を聞いている側を映さないなどなのかな?
これに対して
コッポラがイントロで素晴らしい事アドバイスしていた
「若い人たちに言うが もし何かの要因でクビになっても しばしば のちにそれが賞賛され生涯の功績となったりする
けなされるのはそれが新しい発想だからか または その組織に合わないだけだ」

この映画の見所は
悪態つきまくり
戦争大好き老兵パットンの生き様かな?
ヒットラー殺すって言ってるのに戦争終わったら楽しみがなくなるとか少しサイコ入ってるのが魅力的
カモンベイビー交通整理かわいい
兵士を労ったり喝を入れたりとバランスよくなっている
敵への恐怖を忘れさせ
自分に恐怖を抱かせる
っていう説明もあってただの悪い人に描いてないからストレスなく観れた

放言で問題起こすって忠告されてて
言わないことでロシアへの侮辱になっちゃってるてのは笑う
このあともロシア目の敵にするし
ずいぶん未来を見る人物だったんだなと感心する

模型、ワイヤー、CG無しの戦闘シーンは迫力があっていい
krpfilm

krpfilmの感想・評価

3.2
記録。
初見。字幕。
まず冒頭の見せ方から上手いです。アメリカ国旗を背にしてパットンの大演説から始まります。良くも悪くも軍人パットンのカリスマ性、恐ろしさ、人間性を見せつけてきます。
時代遅れと言ってしまえばそれまでだけど、あまりにも軍人でありすぎたパットンの葛藤が何か他人事には思えない感覚になりました。とはいえ別に俺はこの人の考え・行動を支持するというわけじゃないけどね。今の時代こんな人がいたら世間から袋叩きになるだろうし。
うる

うるの感想・評価

4.4
A
65
フランクリンJシャフナー監督
脚本コッポラ
改めて思うけど、邦題はひどい
>|