夕暮れのときの作品情報・感想・評価

「夕暮れのとき」に投稿された感想・評価

AS

ASの感想・評価

4.2
「わたしが指名手配したい」「奨学金制度につかう」といった小粋な台詞を散りばめながら、最後には真っ白な雪原をレッドの血で赤く染めてやろうという壮大なダジャレで締めくくってくるあたり、やはりJ・ターナーは只者ではない
大金入ったカバン間違えるとか、雪山で落とすとか、みんなしっかり!ゴルゴ13のようなイカツい体格で声も枯れてる自称絵描きのアルド・レイがうっかり美女と道中共になり、追手を気にしながら田舎へ繰り出すって流れはヒッチコック『三十九夜』を思い出す。冒頭、新聞屋で電灯が点き、ついレイが顔を背けて尋ね人だってわからせる流れが滑らか。

アメリカ公開時ポスターの「毎日映画館に通ってもこれほどのスリルとサスペンスに満ちた映画を次に見れるのは5年後かも!」ってコピーがかわいい。

2017/11/23 フィルメックス
ムチコ

ムチコの感想・評価

4.0
フィルメックスにて。

ラッセル車(この死に方はイヤだリストの上位)が正面にぐわーと向かってきて、ああこれ冒頭に乗用車で同じシーンあったねと暗示に気付く。
ノワールのようなロマコメのような。アン・バンクロフトの衣裳、逃避行にもハネムーンに行くみたいなスーツにヒール。これは岡田茉莉子がやると丁度いい。
うんこ

うんこの感想・評価

4.5
粋なセリフは聞いていて素直に気持ち良い。楽しい仕掛けが満載で退屈しない。ラストのふざけ具合が最高。
雪原での除雪車のゆったりとした動きが素晴らしい。
回想で医者が殺されるシーンの緊張感もグッド。

アン・バンクロフトはもっと出番ほしかった。
masaakib

masaakibの感想・評価

3.8
RKOの75分以内制限はないけど、2つの時間軸を平行させ、80分でうまくまとまっている。
OPの細やかな演出(パトカーのくだり、ネオンの点灯など)や、回想シーンの入り方にウオー!となったものの、完全に寝落ちした。ラストのアクションは迫力あり。面白かったに違いないだけに悔しすぎる。
主役の人の顔、主人公とは思えないほどの脇役顔。
tjr

tjrの感想・評価

3.8
陽が落ちて街のネオンが灯り、光を避けるように男は闇に紛れ、暗黒街が現れ始める冒頭が満点。その後バーでアルド・レイがアン・バンクロフト(煙草の吹かし方が完璧)に出会う辺りまでノワールの快楽に満ちている。
段々ドラマの骨格が見えてくると少々モタつきが気になる。ファッションショーからドレスのまま車で駆け出すアン・バンクロフトには誘惑熟女として出演した「卒業」との関連を感じずにいられない。
うっかりな主人公、回転する凶器、恐怖の除雪車という要素も良い。
なやら

なやらの感想・評価

3.8
面白い!
OPのネオン点灯シーンからテンション上がる。その直前に主人公がパトカーへピクッとするカットを入れ、彼が追われる立場である事をさり気なく示す感じも良い。冒頭からさすがの語り口である。
夜の都会・野外ファッションショー・雪山など場面がコロコロ変わるし、鉄クレーンや除雪車などの登場も楽しませる。
アンバンクロフトがファッションショー中、ドレスのまま逃避行へ連れ出されるシーンが『卒業』と相似で笑えた。
猫

猫の感想・評価

4.0
除雪車おもしろーい!!!