mikoyan358

パルムの僧院のmikoyan358のレビュー・感想・評価

パルムの僧院(1947年製作の映画)
3.0
2013/5/25鑑賞(鑑賞メーターより転載)
こちらも「赤と黒」同様、スタンダールの代表作をジェラール・フィリップ主演で映画化。ある若者、彼と激しく恋に落ちたが逆らえない運命に吸い寄せられる女性、そして彼への激しい愛情を力への支配に変えようとする公爵夫人という三角関係の妙も勿論だが、何といっても極めて端正ながらその内にギラギラした情熱が見え隠れするジェラール・フィリップの「その存在自体が役者」というべきオーラが、男の自分でも圧倒されるほどに凄まじい。こんな素晴らしい役者がわずかの作品を残しただけで若くして死したとは、何と運命の残酷なことか。