誘惑のアフロディーテの作品情報・感想・評価

「誘惑のアフロディーテ」に投稿された感想・評価

のび

のびの感想・評価

3.5
レニーとアマンダの夫婦は、マックスという養子を引き取る。数年後、夫婦仲の冷え切ったレニーはマックスの実の母親探しに熱中してゆくという物語。

レニーはまっすぐに突き進む。すべては愛する息子のマックスのために。マックスの「理想的」な母親のために。そんなレニーの愛は、多少ゆがんでいるようにも見えるが、マックスのために注ぐまっすぐな愛情だ。その愛情が、一歩間違えれば壊れてしまいそうな幸福をもたらす。

この物語のラストは、こういう幸福のかたちがあるのかと思わせる。知らないこと、知らせないことが、今ここにある幸福を最大にさせると、レニーとリンダは互いに確信しているからこそ、このようなラストシーンが成り立つのだろう。すべては運命がつかさどるよりもずっと奇妙なことが、この世界では起こりうるのだと思わせるラストシーンだ。
massie

massieの感想・評価

3.8
養子に迎えた子供の母親がどんな人か知りたくて会いに行ってしまったウディ・アレン演じる冴えないスポーツライターの男と、その若くて大柄な(でもとても美しくてチャーミングな)母親の人知れぬエピソード。

起承転結がしっかりあるし、下ネタはウディ・アレン史上一番ストレートでポップだし、脳内世界の描き方なんかもかなり拘っていて、「おお、これぞ映画!(しかもアレンなのに偏屈じゃないぞ!)」と唸った。

頭の弱いボクサーの彼は、彼女の部屋のステキなインテリアたちを見ていながら結婚間近まで「ほぼ処女」だと信じていたのだとしたら、とってもいいヤツだよね。田舎で玉ねぎと幸せにやって欲しい。
KWZEFMK

KWZEFMKの感想・評価

3.2
ウッディ・アレンって、もうそういう風にしか見れないけど、なんか観ちゃう。
どっちに転んでも幸せな、どっちでもいいラストが、良かった。
Lux

Luxの感想・評価

3.5
リンダがバカで不器用でめちゃくちゃ可愛くてリンダになりたかった。

誰も不幸になってないところに感動した。
ウディアレン大好きになった🌈
笑いたっぷりなんだけど元気も出た。ギリシャ神話に合わせてるけど笑いの落とし所が絶妙🤣
大大大好きな映画。ハーバード大卒のミラ・ソルヴィーノが、賢くないけど気立てのいい娼婦を演じる、というのはウディ・アレンの皮肉かしらん。オスカー取ったのも納得する、かわいくて気立てが良くて、でもちょっと抜けてるキャラクターがホントに魅力的!

でもこの映画の前後にワインスタインにセクハラされて、その後のミラ・ソルヴィーノのキャリアがうまくいかなかったのって、悲しいです。
たしかに妄想ほど怖いものない。笑
ギリシャ悲劇の人達のツッコミが入るのツボで笑いっぱなしでした
ery

eryの感想・評価

-
途中でやめた
Haman

Hamanの感想・評価

4.0
落とし前のつけ方が例の通りおとぎ話なんだけども、そののち洒落を効かせてくるのでおいしいのです。
ギリシャ神話劇のファントムみたいな仮面ほしい。
>|