グリーン・デスティニーの作品情報・感想・評価

「グリーン・デスティニー」に投稿された感想・評価

箱蛙

箱蛙の感想・評価

3.5
2015/04/24(楽天レンタル)

チャン・ツィイー好きって人には、これがいちばん楽しいよーとオススメしてる。私が萌えたのはチョウ・ユンファとミシェル・ヨーがほっこりお茶するシーンだったりするんですけどね。あの二人でないと出せない、雰囲気と設定だったと思う。

ワイヤー・アクション自体にはそんなに興味を持てないし、武侠映画というものがなんたるかを知らないまま観たけれど、鑑賞後に観た特典映像のヨー姐さまのインタビューがよい指南となりました。
鑑賞記録
aaaaa

aaaaaの感想・評価

4.3
アン・リー監督、チョウ・ユンファ、ミシェール・ヨー、チャン・ツィイー、チャン・ツェン出演のアカデミー受賞作品。

伝説の名刀グリーンディスティニーを巡って、武術家リー・ムーバイVS貴族の娘イェンVS盗賊ジェイドフォックスが、三つ巴の死闘を繰り広げる物語。

ハリウッド資本らしく、香港映画にありがちなもっさりした演出は皆無で、アン・リーらしい洗練された、非常に格調が高いアート色が強い武侠片となっている。
ユンファとツィイーが、街中や竹林をワイヤーで飛ぶシーンなんかは本当に美しく、アクション監督のユアン・ウーピンの面目躍如。
どうしてもノワールのイメージが強い、チョウ・ユンファも今作では、辮髪姿で登場し見事な剣さばきを見せている。

ツィイーとチャン・ツェンの若々しいラブストーリーも美しく、チャンバラだけで無く若者同士の悲恋をサイドストーリーとして描いている。

僕は恥ずかしながら未見だけど、キン・フーの武侠片に濃厚なオマージュを寄せているらしく、往年のキン・フーファミリーのチャン・ペイペイが、ユンファの宿敵として大熱演!

そして、ミシェール・ヨーの堂々とした演技は、代表作のポリスストーリー3や007トゥモローネバーダイが、まるで肩慣らしの様に見えるくらい素晴らしい。

悲劇的な結末を迎える作品だけど、「信は真に通ず」という台詞が印象的な作品でしたね。エンターテイメント超大作と言うよりは、結構芸術色が強いので見る人によっては、若干退屈するかもしれない。

そして、アジア映画としては初めてアカデミー最優秀外国語映画賞を受賞し、21世紀のアジア映画隆盛の1ページを開いた記念碑的作品。

ちなみに、続編がドニー・イェン主演で製作されてネトフリ限定で公開されたけど、これはイマイチだったりする。笑
あまり武侠映画に馴染みが無い人ほどオススメしたい作品です!
ささき

ささきの感想・評価

3.5
振付を振付と感じさせない、アクションの極み
uzimith

uzimithの感想・評価

3.0
武侠映画のサンプルとしてみて満足した
鑑賞記録
水弥呼

水弥呼の感想・評価

1.0
ワイヤーアクションで宙を浮いて回るアクションは好きじゃない
>|