ヒデやま

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還のヒデやまのネタバレレビュー・内容・結末

4.5

このレビューはネタバレを含みます

イウォークが出てくる場面では眠くなってしまいました。
が、しかし親子の絆に感動しました。

ベイダーには善の心が残っていたという事ですね。
STARWARSはアナキンの悲劇の物語だと勝手に思っていますが、最後の最後に少しだけ報われたように思います。

STARWARSの地上でも、宇宙でも物語が展開しているという状況が好きです。
初代と比べると宇宙でのスピード感が段違いに上がりましたね。
ハラハラものです。

地上でシールド発生機を破壊してからのデススター爆破。
ファルコンでデススターから飛び出るシーンは思わずカルリジアンと一緒に叫びそうになりました 笑

色々と改編されているSTARWARSですが、最後のアナキンがヘイデンなのは違和感をどうしても感じてしまいします。
あれは昔のままでよかったのではないでしょうか。

さて、このエンディングからエピソード7。
どのように展開するのか楽しみで仕方ありません。

でもその前にアナキンがなぜダークサイドに堕ちてしまったのかの確認のため、もう一度新三部作を観るとしましょうか。