小澤康平

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還の小澤康平のレビュー・感想・評価

5.0

最終章ーーーー!!

ルークが本物のジェダイになった!
ジェダイの正装(?)のローブ姿での登場!数々の戦いを経験した貫禄のようなものまで感じる!!
レイア姫は最終章にして最大のセクシー衣装を披露!笑 戦いの最初の舞台はルークの故郷、辺境惑星タトゥーイン。
ジャバ・ザ・ハットが闇社会のボスっていう設定、散々シリーズ観てきたのについ最近まで知らなくて、それが分かってからはなんかジャバの事が生理的にムリな存在になりました笑。だってベロをニチャニチャさせて女鎖で繋いでってなんかブラック企業のセクハラ社長みたいで…。

ともあれなんやかんやでまた全員集合!
決戦は惑星エンドアの地上部隊と宇宙ではデススターを破壊する飛行部隊、さらにルークはダース・ベイダーとの最終決戦!!
エンドアでは民族、イウォークが可愛いのなんのって。レイアの隣にちょこんっと座る姿やヘルメットにビビったり笑。SF界最強のモフモフキャラですね。ストームトルーパー相手に石投げたりして戦うのも健気!

ダース・ベイダーとルークの戦いはBGMが無く、ゆっくりと張り詰めた空気の中の戦いが描かれていて、エピソードI〜IIIに見られたアクロバティックな動きやライトセーバーをクルクル回したりという派手めなアクションはないのですが、それがまた良い!もちろん当時そのようなアクションが主流では無かったのかもしれないし、俳優陣がアクションに慣れてなかったのかも。でも最小限で最大限魅せ付けてくれてます!ていうかエピソードIVからはアクションはオマケみたいなもんだからね。

僕はBlu-rayで全シリーズ観たんですが、最後のヨーダ、ベン・ケノービ、アナキンが霊体となってルークを見守るシーン。Blu-ray版だとアナキンが若いんですよね笑 ファンの間だと賛否分かれた編集点ですが、僕もあんまりこの変更は好きじゃ無いですね笑。 ていうか複雑? 若い頃のアナキンが出てきてくれるのは少し嬉しくもあるんですが、オリジナル版の老アナキンもそれはそれで良かったんだよなぁ。
多分、ジェダイとして活動したのは若い頃だけだし、歳をとってからはアナキンでは無くダース・ベイダーだというエピソードIIIとの繋がりもあるのかもしれないけど、違和感が凄くて笑。せめてメニューでどっちか選べるとかあったら良かった笑

いよいよ公開が18日に迫る「フォースの覚醒」。ハン・ソロ、レイア、ルーク・スカイウォーカーもオリジナルキャストで登場することもあり、内容がより一層気になりますね!予告を見る限り、またジェダイやフォースの存在は伝説扱いみたいですね。ルークはどう登場するのか、ていうかエピソードⅥから宇宙はどうなったのか?

公開まで待ちきれない!でもこれでやっと予習は終わった!あとは公開を待つのみだ!