tjZero

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還のtjZeroのレビュー・感想・評価

3.9
本作の評価を分けるポイントは、イウォークの存在かもしれません。

自分も当初は、「ちょっとかわいすぎない?」と感じましたが、徐々に受け入れられるようになってきました。

外見に似合わず、けっこうハードな戦い方をしているんですよね…『猿の惑星』シリーズの猿軍団なみです。ヴェトナム戦争のヴェトコンを思わせるゲリラ戦を展開します。

あんなちっぽけな存在が巨大な帝国を倒す…というのが痛快であり、皮肉な面白さもある。”柔よく剛を制す”の精神をとり入れているのはさすが日本びいきのルーカスならでは…というのは深読みしすぎでしょうか(笑)。

その他にも、砂漠の浮遊船上の格闘、森林内のスピーダー・バイクの追跡、クライマックスの(Ⅳをヴァージョン・アップした)デス・スター爆撃…と見せ場が多く、にぎやか。

各エピソードにもキッチリとオチがつき、満足の出来栄え…なのですが、『~帰還』、『特別篇』となってからは若き日のアナキンが登場しちゃったりするのは余計でしたね~、音楽も変わってるし。やはり、『ジェダイの復讐』のほのぼのとした音楽、シンプルなエンディングがなつかしいです。