スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還の作品情報・感想・評価

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還1983年製作の映画)

Star Wars Episode VI: Return of the Jedi

上映日:1983年07月02日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

「スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還」に投稿された感想・評価

なつ

なつの感想・評価

3.0
たぬきがかわいい!持って帰りたい
m

mの感想・評価

-
毛皮のボール(イウォーク)たちの可愛さピカイチ...なんて愛らしいの...彼らが主役の「イウォーク・アドベンチャー」是非見たい...

最初のジャバのとこから最後のバトル、まさにノンストップ。。銀河一強いと思ってたシディアスが穴に落とされて死ぬのちょっとコメディー。笑
急に映像綺麗になるし、話も急展開でよかった
チューバッカがかわいい
aoi

aoiの感想・評価

4.0
へ?倒し方?!へ?!

おもわず「ドッコイショー!」ってフキダシが見えたのは私だけかな…笑


今回はジャバ・ザ・ハットの宮殿での宴だったり、惑星エンドアの先住民イウォークが野蛮な祝祭を開いてたりで、ファンタジー感満載でたのしかった。
特筆すべきは物量のすさまじさ!デス・スターからの脱出シーンのCGもさることながら、パペットのクオリティも素晴らしい!
足長の戦車を倒すシーンは、やけにカクカクしてるけどストップモーションで製作されたのかな。
ジャバ宮殿に、一体目がイッてるゾウのようなエイリアンがいたけど、あれは何だったんだろう。あれで美術監督OKでたの?ほんとに?


まさかのアナキン登場だったので、1-6の順で見始めた私には感動も一入。(4から見始めた人からすると誰こいつ?ってならないのかは疑問だけど笑)
エピソード4-6は、ストーリーがどうこういうよりも、設定やツッコミどころ合わせて楽しめるお祭りみたいなものだったなあ。


なによりも、なんて愛くるしいんだイウォーク!
原始的な民族(というか、テディベア)だけど、神のお言葉(笑)は平気で無視するし、ごつい戦車やトゥルーパーズのパワードスーツでも石をぶん投げて戦ったりと、発想が原始的すぎて笑う。文明の利器とはなんだったのだ…

発展だけが全てじゃない。こういう原始的な文明もあるから、魅力的なんだねSFって。
でも、トゥルーパーズのヘルメットを楽器代りにするのはやめてあげてよね!


子供の頃、実家にあった「エンドア」をよく観たものだけど、スターウォーズのシリーズとはつゆ知らず。
あの頃観ていた愛らしくて少しブサイクなクマもどきは、イウォークっていう種族だったのね。可愛らしくて大好きだ。

https://filmarks.com/movies/32214


「真実とは多面的なものだ」


# 139/2019
moridon

moridonの感想・評価

3.8
エピソードⅣと比べるとだいぶ進化したアクション。今見るとどうしても合成感強いけどそれでも十分わくわくさせてくれた。

惑星エンドアの食人族たちが最高に可愛い。レイア姫より可愛い。ラストのベーダーとの戦闘シーンも迫力あるライトセーバーのアクションを"右手の切断"という演出がより一層面白くさせる。

そしてこういう全キャラ集合して飲んで騒いでみたいな大団円のエンディングめちゃくちゃ好きです。

映像が綺麗になる新3部作を観るのが楽しみになりました。
クワン

クワンの感想・評価

3.9
大円団とはこのこと。
レイアの不思議なビキニスタイル。
イウォーク族可愛い。
森林のスピーディーバトル興奮。
ルークとベイダーの死闘。
そして、いつも最後は皇帝。
ラストお祭り感。

最新作も皇帝がラスボスなのでしょうか。
リモ

リモの感想・評価

3.9
セクシー!

キャラクターが多くて楽しい世界
>|