え

骨まで愛してのえのネタバレレビュー・内容・結末

骨まで愛して(1966年製作の映画)
3.8

このレビューはネタバレを含みます

渡哲也主演も、宍戸錠の存在が光る...
そして全てを受け止めた浅丘ルリ子、骨まで愛した結果か、

親知らずを川に捨てる
外でサイコロ博打
牧場の柵で歌う東京流れ者

博打と出会いと別れ、ひたすら牧歌的な風景の中歌われるのは「生きてる限りは〜骨まで愛して...」という図太さ

半分くらいアサヒビールのCM、