まめだいふく

夢二のまめだいふくのレビュー・感想・評価

夢二(1991年製作の映画)
3.4
すべては夢。ストーリーはあって無いようなもの。夢か現か、境目が曖昧なまま進んでいく時間。映像美という感じではなかったけど、俳優さんたちの存在感と着物のセンスのよさで維持できてたかと。特に毬谷友子の元祖たぬき目色香(目の下・目尻側のアイラインを太めに入れる。和風美人がやると頽廃的にそそられるという好例)と玉三郎氏のピッタリ感。

上目遣いで夢二を誘う、モダンな着物の女たち。ひらりと止まり蜜を吸い、ふらりとかわす夢二ジュリー。デジタルリマスターしたら意外といいかも。