コスもん

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャーのコスもんのレビュー・感想・評価

2.9
アベンジャーズを120%楽しむために見る映画、第5弾。

貧弱男子が、やばい血栓を注入し、ライザップもビックリの、マッチョ男子に変身し、驚異的な肉体から発するパワーで、平和を取り戻していく話。
映画としては、地味だし、戦争がテーマなので、子供ウケは悪そう。

古典的なアメリカンコミックヒーローなので、カラフルな全身タイツ姿なのが、哀愁を誘う。

空が飛べるアイアンマン、ビルを駆け上がるハルク、ハンマーをプロペラのように回転させて飛ぶマイティソーなどに比べると、キャプテンアメリカはただのマッチョな兵士。武器も、丈夫な盾をブーメラン風に飛ばすだけだし、戦い方に華やかさが無い。

天才科学者でもないし、金持ちでもないし、ハイテクなマシンが使える訳じゃないし、魔力だって持っていない。
わりと、現実味あるキャラクターだ。
劣等感から産まれたヒーローで、戦いを好まない平和主義者なところがアベンジャーズ内で、いいバランスを持っている。