ピートロ

風雲のチャイナのピートロのレビュー・感想・評価

風雲のチャイナ(1933年製作の映画)
3.5
欧米人が変なメイクで中国人役をしているところが気になるせいもあり、なかなか物語に入り込めませんでしたが、中盤で作品のテーマが明確になってからはまあまあ楽しめました。キャプラ本人は気に入っていたようですが、他の作品とはちょっと違ったテイストの異色作だと思います。