Nao1996

ラリー・フリントのNao1996のレビュー・感想・評価

ラリー・フリント(1996年製作の映画)
3.8
全裸監督はコレにインスピレーション受けたのかな?

自由には代償が伴う

この一言だけで片がつくテーマ
フリントは悪趣味、でもそれも自由
人の勝手、今のアメリカが成り立つ表現の自由の源流

映画自体は数ある伝記物の中でもなかなかの傑作なのではと思う。これだけ熱く、表現の自由への闘争をポルノを通じて描けるのは流石、あと役者が素晴らし過ぎてね