Kaoru

鏡のKaoruのレビュー・感想・評価

(1974年製作の映画)
4.0
ただただ綺麗としか言えない。映画で引き込むというのは、ストーリーだけではなく、映像だけでもなく、単なる切り取った画としても成立するものなのね。

内容はとってもむつかしいけれど、内容を理解しようとして観たら多分自爆してしまう。逆に監督の意図は〜とか、このシーンはね〜とか、上手に解説できる人ほど信用しちゃいけなぃわ。自分が受けた感覚だけを頼りにして観たらいいと思うの。

絵。ただ単なる背景にすらうわぁ〜って思うほどのときめきが仕掛けられてて、もうそれだけでこの作品は観る価値があると思ってしまう。何より、これが74年に作られたっていうじゃない。CGの技術がうんとすごい今日だからこそ、こういう映画が再認識されるべきだわと改めて感じた。