あや

鏡のあやのレビュー・感想・評価

(1974年製作の映画)
4.0
"私"の夢の中に現れる母はたらいに入った水で髪を洗っている。その年に火事があってから父は家に戻ってこなくなった。
両親と同じく"私"も妻と別れ、妻は息子のイグナートを渡さない気でいる。"私"はイグナートと自分を重ねていた。


この映画において特筆すべきなのが映像表現の美しさ。
冒頭、草原の中にいる母は医者に声をかけられる。そして医者が去る瞬間に風が吹き、草が一斉に風になびく。このシーンはどうやって撮ったんだろう?たまたま風が吹いた瞬間を撮った奇跡なのかな。美しい。
火の中に忘れ去られたように置かれている苔の生えた鏡、火事をぼんやり見つめる人々、死にゆく人の手から飛び立つ鳥、浮遊する母…ここまで映像表現の美を追求したものを今見ることができるなんてとても贅沢だ。


わたしたちの記憶や夢はとても不確かだけど微かに覚えているものは存在していて、紙に殴り書きで見た夢を書いているようにタルコフスキーは自分の記憶と夢を映像で忘れないように残したのだろうか。
意味わからなかったけど最後のシーンはなぜか泣きたくなった。大人になって年を重ねることでまた見方が変わる作品だと思う。