けいすけ

鏡のけいすけのレビュー・感想・評価

(1974年製作の映画)
3.5
タルコフスキー作品は初鑑賞です。なるほど、これがタルコフスキーかと、とても理解出来ていないながらも分かった気がします。理解出来ないのが、タルコフスキーです。

過去と現在を行き来しながら、ストーリーはなく、無意味に抽出されたエピソードを描いているようです。ストーリーが無い上に、やや映像が文学的で、セリフが詩的で難解なんですね。だから、いわゆる人を選ぶ監督なんですが、個人的には参考にしたい監督ではあります。タルコフスキーと言えば、眠くなりやすいで有名みたいなんですが、カメラは固定の長回しとかではなくて、意外にもパンなりドリーなり、結構動くんですね。それでいて、自然を上手に使った美しい演出が見事です。あと、部分的には、湯気がスーッと消えて行く後ろでキーっと怖めの音楽が鳴って、割とよく見る演出ながら、怖かったですね。