ちゃんみゆ

14歳のちゃんみゆのレビュー・感想・評価

14歳(2006年製作の映画)
2.0
見どころはガリガリちびっこの染谷君。
14歳の不安定な様子を描いている本作。中学生の頃、教師を刺した主人公は大人になって教師になり…

教師が生徒の口の中をチェックしているところから始まる。上唇をめくり、下唇をめくり。このシーン、異常にエロい。異様な上下関係に、少しゾクッとした。
ただ、全編通して考えると面白くなかった。中学生なんて10年も昔のことだからか、何にも共感できないし、見ていてイライラするし気持ち悪い。
中学生っていう多感な時期を描いている映画は「台風クラブ」とか「害虫」が思いつくけど、そういえばどっちもはまらなかったな~。う~ん。

例えば中学生の頃、親や先生への反抗心をメラメラ燃やしてた人とか、世の中に嫌気がさしてた人とか、何かこう「大人なんて!」って思ってたタイプの人にははまるのかな~と思う。

あたしは何となく平凡に生きてきたタイプなので、好きな人とのメール交換で「Re:Re:Re:Re:」ってRe:の数が増えていったり、廊下ですれ違う時気付いてもらいたくてはしゃいでみたり、中学生っていうとそーゆーのを思い出すなあ。
うん。分かった。「好きっていいなよ」でも見とくわ。