アンヴィル!夢を諦めきれない男たちの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「アンヴィル!夢を諦めきれない男たち」に投稿された感想・評価

be

beの感想・評価

3.7
終始切ないけど、でもかっこいいってのはダサいってことなんだろうな(?)。
ダサいけどめちゃくちゃカッコよくて、惚れるぜ!
いやウソ、惚れはしないか……泣いたけど。
最後胸熱すぎる、ありがとう…!!
公開当時、自分の周りの音楽好きがこぞって絶賛していたが、
アレから10年経った今の目で見れば笑えない内容が多くてキツイ。
先日会社で「ボヘミアン・ラプソディ」の話題になって、その時先輩が「ボヘミアン〜が良いと思うなら、アンヴィルの映画も気に入るで!」という事でDVDを貸していただきました。

正直アンヴィルについては、あまり知らなかったので楽しめるかどうかは分かりませんでした。しかし音楽ものに限らず、一発逆転がある映画ってやっぱり面白い!

1984年の日本で開催されてたSuper Rockというフェスに出演している映像から映画は始まり、他の出演アーティストの面々もロック史に名を刻む大物ばかり。

その中でアンヴィルは、ブレイクしきれず、その後も普通の仕事をしながらズルズルと30年もバンドを続けることに。

モーターヘッドの今は亡きレミーが言っていた言葉「ブレイクするのはタイミング」。この言葉通りだと思います。

あの時期に時代を象徴するような作品を、もう一作出ていればアンヴィルの立ち位置はまた違ったはず。

それでもメンバーはバンドとして在り続けて、ヨーロッパツアーに出てトラブル続きでも後ろは向かなかった。そしてニューアルバムの制作へ向かう。

その姿勢こそが彼らの強み。資金難にもめげず、メンバー間で言い争いながらも完成させたアルバム。それをレコード会社に酷評されて万事休すかと思いきや、日本のフェス、LOUD PARKへの出演依頼。

その20年以上前のSuper Rock以来の日本でのライブ。そこで彼らを待っていたのは大勢の観客!

万感の思いで熱い演奏を繰り広げるメンバーの姿に感動しましたし、それに応える日本の観客も素晴らしかったです!

こっちが先の作品ですが、「ボヘミアン〜」にも通じるラストのライブの熱量に心が震えました。しかもこっちは本物のライブだし。

その後も彼らはコンスタントに活動を続けて、今も定期的に日本でライブを行っています。今度また来日公演があったら行ってみようかな。
metamegane

metameganeの感想・評価

3.7
フライングVが似合っちゃった…
もう一度売れたくて30年を費やすバンドマンのリアル。音源はかなり古臭く聴こえるけど、彼らの悔しさが滲み出ていて不思議に聴ける。ラスト5分が見所。
もんた

もんたの感想・評価

3.8
メタル・オン・メタル
売れるバンドには理由がある…とは限らない。友情を超えた二人の関係性に感動🤘
anzu

anzuの感想・評価

3.5
ボヘミアンラプソディーの後にみると、なんかめっちゃリアルでグッときたよ。
紫屋

紫屋の感想・評価

4.5
メタル・オン・メタル