ninjiro

アギーレ/神の怒りのninjiroのレビュー・感想・評価

アギーレ/神の怒り(1972年製作の映画)
4.5
冒頭のありえない即物撮影から、ラストの異様な技法による長回しまで、ヘルツォークのまさに鬼気迫る創作個性が至る所で爆発する。
劣らずキンスキーのナチュラルな狂気に輪をかけた自覚的な狂気の役作りは、その境目すら怪しい。
全体的に狂った世界をリアルドキュメントで撮ったらそれなりのストーリーが出来上がっていたかのような。しかし、この撮影プランの危機的に劣悪な状況を、獣のような暴君キンスキーを、プロット通りに追い込んだヘルツォークの超人的な采配とエネルギーには、例えではなく神がかったものを感じる。
個人的に本作は、ヘルツォーク作、キンスキー演の一連の作品の白眉である。本作と併せ「キンスキー〜我が最愛の敵」の鑑賞をお勧めする。