少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録の作品情報・感想・評価・動画配信

少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録1999年製作の映画)

Revolutionary Girl Utena

製作国:

上映時間:85分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録」に投稿された感想・評価

kunitate

kunitateの感想・評価

5.0
こんなカッコいい映像見たことない
ogaki

ogakiの感想・評価

4.5
幾原邦彦がやりたかった事がっつり余す事なくやりました。って感じした…作画もえげつないし撮影がうますぎるし…
絶対運命黙示録の歌流れるとひぇ〜〜となってしまうな…


あと最近やっと分かったんやけど音楽ラインがしっかりしててうまく映像とマッチングさせて盛り上がり作れる作品がめちゃくちゃ好きだと気づきました。OSTとかがめちゃくちゃ印象に残る作品が好き。


そしてレヴュースタァライト「あたし再生産」のシーンがこの映画にめちゃくちゃ影響受けたんだなぁと思いました。お弟子さんだからだろうけど…
豚肉

豚肉の感想・評価

4.8
百合じゃんこれ!!!!!!!!!!!!!!百合!!!!!!!

王子様に憧れている少女が、薔薇の花嫁を奪い合う決闘に巻き込まれるお話
てか一言で言い表せれない映画。見ている最中も全く意味わからなかったし、見たあとでも全くわからない。でも「良かったなぁ〜〜!!!!!(クソデカ)」ってなる映画。

テレビアニメ版を途中まで見ているのですが、劇場版は独立した話だと聞いて早速鑑賞。まあ途中まででもついてはいけましたが……理解できない……
中盤まではまだ大丈夫なんですが、後半はもう頭が「……🤔」状態なんですよ。でもまあ面白かったし百合だったからヨシ!(ガバガバ)

テレビアニメ版とはいろんなところが違ったんですよ。キャラクターの見た目は全く違ったし(生徒会メンバーは同じだったけど)関係性も違ったしなんなら舞台となる学園そのものも違った。
ヒロインのアンシーはなんかもう、ほぼ変態と言っても差し支えなさそうな状態だったし、主人公のウテナは……スタプリの主人公が大人になった時の姿に似てたし。

そしてやっぱり演出がとても良い!!シャフトや、「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」のような前衛的な演出が全編占めていて目が楽しい。そして途中で「絶対運命黙示録」が流れたところは…完全にスタァライトのバンクシーンだったわこれ、うん。
スタァライトがウテナに影響された、というのがよくわかりましたね。


テレビアニメ版を見ていなくても大丈夫なので、ぜひ見てほしいですね。
またテレビアニメ版を身終わったあとに見たら印象が変わりそうなので…テレビ版見てきます…
あり

ありの感想・評価

2.5
アニメの前日譚だと思うとアニメがよりパワーアップするなあとは思うけどアニメ版があまりにも良すぎたので、、、
たとえ世界の果てでもふたりは自分で選べたのね、、、
まいむ

まいむの感想・評価

3.8
テレビシリーズ完走直後に鑑賞。

メッセージ自体は わかりやすい気もするけど、トリッキーさが結構強いので テレビシリーズとは少し雰囲気が違うかも。

映像や演出は さらに美しくなってて素晴らしい!
Chibio

Chibioの感想・評価

3.0
テレビアニメ版も好きですが、こちらも大好きです。
けむり

けむりの感想・評価

2.6
これを観た当時はアニメ完走していなかったので観終わった今と当時の印象が変わった。

ビジュアルだけで言うなら短髪のウテナ好きです。似合ってるよ。
当時は「ああ世界の果てに向かって走って行ったんだな、良かったな」程度だったんだけどアニメ版踏まえると胸がアツい。そうかふたりはやっと、やっと世界の果てを目指すその時が来たんだな……(クソデカ感情)
マユ

マユの感想・評価

3.8
好きではある
相変わらず意味が分からないけど好き。






「どうせお前たちが行き着くのは世界の果てだ」

「そうかもしれない。でも自分の意思でそこへ行けるんだわ」
>|

似ている作品