アベンジャーズの作品情報・感想・評価

アベンジャーズ2012年製作の映画)

THE AVENGERS

製作国:

上映時間:144分

3.8

「アベンジャーズ」に投稿された感想・評価

コリ

コリの感想・評価

5.0
映画館で鑑賞♪
アイアンマン、ハルク等のスーパーヒーロー達が悪役と戦うシーンは、次から次へとド派手なアクションシーン繰り広げられ大迫力!
凄いの一言!!
ジェットコースタームービーです。  (^ ^)
Keita

Keitaの感想・評価

4.0
自分勝手な奴らが集まって、最終的に1つの目的のために結束するっていう。アベンジャーズ結成の瞬間は鳥肌もん。全編通して女性陣がいい味出してる。グウィネスパルトロウしかり、終始カッコいいスカーレットヨハンソンしかり。でもやっぱり、トニースターク最高。
くり

くりの感想・評価

4.0
お祭り映画
マーベル好きにはたまらない
nozomi

nozomiの感想・評価

4.5
アガるーーー!!ヒーローそれぞれの性格も違って面白い。各作品観といてよかった。
最後アベンジャーズが結束して挑む戦いは、もうみんなかっこいいし何回も見た。ハルク強すぎて笑う。トニーの憎めないキャラが好き!
しかしロキの喪失感を埋めてあげてくれお兄ちゃん。
これぞ元祖ヒーロー大集合映画‼️
ヒーロー個人の映画はよくあったがこんなに大集合したのは観たことなかったからインパクト最強ですな💪
それぞれの特徴を持ったヒーロー達が力を合わせて戦う姿は超カッケェェェし超アガるぅぅぅ🤘🏻(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎🤘🏻って感じの映画です。間違いなくテンションMAXになるよwww
面白いよ、シリーズ追いつけない。出過ぎ

このレビューはネタバレを含みます

まとまるまでが長いけど、それぞれの会話の雰囲気とか相性とかが見えたのは楽しかった。特にスタークとハルクの頭脳派コンビとか。
スタークとキャプテンは喧嘩も多いけど、いざというときには相手を助けるところとかいいですね…2人は仲が悪いというより考え方が違うんだろうな、生まれた時代がだいぶ違ってる…
ソーとキャプテン、2人ともまっすぐな性格だから気が合いそう(?)

ハルクの人が変わってる、というのは置いといて…ノートンけっこういいなと思ったけど、慣れるしかない…
ハルクしっかり制御できるようになったんだ!と思ってたらソーをぶん殴ってたw

そしてそしてホークアイが超かっこよかった。マイティ・ソーでちらっと見たときから気になってたんだけど、今回まさかの寝返り…と思ったら戻ってきてよかった…!
ノールックで敵を射落とすのとか、空中で矢を放つのとか、かっこよさに溢れてた…!

私のお気に入りのスタークは相変わらず我儘なヒーローで素敵でした。変身を解いた状態でロキと1対1になって、普通の調子で会話して変身準備もバレずに仕込むとは…度胸がすごい…!知ってたけど!w
変身シーンもまたバリエーションが増えてたし、今回は変身を解くところのギミックがすごくかっこよかった!
にしてもスタークのおうちはいつも壊れるね…w
ジャーヴィスはしっかり活躍してたけど、不器用くんの出番がなかった!w

全員集まっての市街地戦はテンション上がる。
アベンジャーズと愉快な仲間達(作中のアイアンマンのセリフ)
敵:アスガルドのロキ。
▼ビックリした後の10$。
▼グウィネス・パルトローのオンザ眉毛が可愛い。
▼キャプテンのファンのコールソン氏がイイ奴で熱い。
▼ハルク最強説。

以下、キャプテン・アメリカの額の「A」の文字を考察。
▼ヒーローで額に文字とくれば、1979年に少年ジャンプで連載された「キン肉マン」が思い起こされる。キン肉マンは世界各国の超人が戦う漫画で特徴的な額の文字。中華人民共和国出身のラーメンマンは額に「中」の文字。キン肉マンは「肉」の文字。そしてアメリカ出身のテリーマンは「米」の文字でした。
米は当然、亜米利加(アメリカ)を象徴する漢字ですが、近所に住む作者の、ゆでたまご先生に取材した所「あれは洒落で米にしたけれど…本当は*/✳で、記号のアスタリスクなんだよ」との事。
アスタリスクの意味は“小さな星”。テリーマンの両肩に大きな星が有ったのと同様キャプテン・アメリカも星条旗の星をモチーフにしています。
よってキャプテン・アメリカはテリーマンを模倣していて、額の「A」の文字はアメリカとアベンジャーズとアスタリスクの3つの意味を持つのです。
(以上の考察、全てデタラメです😅)
chy

chyの感想・評価

5.0
記録✏️
お祭り感あって好きです。
>|