げん

ジュラシック・パーク IIIのげんのレビュー・感想・評価

ジュラシック・パーク III(2001年製作の映画)
3.4

 子供たちに夢を見させてあげたいという思いの乗ってたスピルバーグのジュラシックパークからはかなり離れたけどクライトンの恐竜ホラーなジュラシックパークには一番近い作品なのではないかな。

 と言いつつシリーズのなかでたぶん一番嫌い。CGの使い方に謙虚さがなくなって、恐竜同士のバトルとかNHKの教育番組みたいだと思った。(劇場で観たときにはそんなに思わなかった気がするからこれは時代のせいかも)でもなんでわざわざでかい補食動物同士で戦うんだ自然淘汰なめてんのか。プロットも適当で合理性がないし、お母さんにいらいらしすぎて早く喰われてしまえと思った。にしても死ぬやつと生き残るひとの見分けが最初からつきやすい。

 スピノサウルスが前2作でシンボリックだったティラノサウルスを殺してロゴまで乗っ取ったことについては、ファンからクレームくるに決まってるのによくやったなと考えると逆に尊敬できる。2015年に復活したシリーズものは守りに入った映画ばっかりでしたね。(ほんとにクレーム多かったのかどうか知らんけどワールドのあの展開は3へのクレームの回収ですよね)

 川とか鳥籠とか、いままで映像化できてなかったものが追加されてるのは嬉しいし、欠かせない作品だとはおもいました結局。