インファナル・アフェアIII 終極無間の作品情報・感想・評価

インファナル・アフェアIII 終極無間2003年製作の映画)

INFERNAL AFFAIRS III

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.8

「インファナル・アフェアIII 終極無間」に投稿された感想・評価

箱蛙

箱蛙の感想・評価

4.0
2015/07 (TSUTAYAレンタル)
msd

msdの感想・評価

4.4
ヨンの登場が1から伏線があればってのと、ラウの精神崩壊の様がもっと丹念に描かれてたら尚良しやけど、三部作として完璧。
トニー・レオンの映画
アンディラウがゴッドファーザー2のアルパチーノにすごい重なる。親父になりたかったマイケルと警察官になりたかったラウ
katya0718

katya0718の感想・評価

3.8
ラウは一生自分の宿命から逃れられないんだろうな、苦しいな、、、悪人なんだけどね。
最後、車椅子になりながらもモールス信号を送り続けるラウに同情とともに狂気を感じる。

トニーレオン大好き人間としては、1作目ぶりにたくさんヤンの出演シーンがあってとても嬉しい。なんなんだあの色気は。
り

りの感想・評価

-
シリーズ3作目なのに、まだ人の顔と名前が覚えられない
KENZO

KENZOの感想・評価

3.1
オープニングの降下するエレベーターの周囲に大きな仏像の顔が浮かんでは消えるシーンは、地獄に落ちることを暗示してるようでゾクゾクする。

ただ前作前々作とも、人間関係が複雑に絡み合い、不必要な説明を排してきたシリーズではあったが、本作では時間軸が前後したり、現実と妄想が入り組んでいたりと更に複雑な仕組みになっている。
正直、見ている中で世界に浸るよりも整理が先立ってしまう感が否めなかった。

本作で新たに登場するキャラたちも、前作のハウほどのインパクトはなく、後出しジャンケンのように思えてしまう。

1作目のヤンのギブスの理由が分かるシーンや、例のテーマ局等ファン心理をくすぐる伏線の回収の仕方は相変わらずお見事。

三部作の完結編を締めるのはいかに難しいことか。
本編のその後
おざま

おざまの感想・評価

3.8
レオンライの演技がいい。同期殺しちゃうお話。
ラウの人生波乱万丈を3作に渡って見せられた訳なんですけど、
結局潜入指示をした人が、潜入者の身の安全を確保して指示してやんないとねえ。いくら意識高く理想高くスキルがあっても、たった1人で命を狙う集団の中に入るなんてブラック企業もいいとこよ。

ホントにラウはかわいそうなヤツでした。好きな女性はボスの妻だわ、殺されるところを目の前で見るわ、潜入してどっちの役にもたったのに、やっと善人になれると思ったら針のむしろとか、妻に逃げられるとか、心神耗弱とか、それが永遠に続くとか。あんな近くに精神科医としていながらもう休んだら?のひと言も言えずにヒロイン面してるケリー・チャンには腹が立って仕方がない。

因果応報なんてね、他のたくさんの殺されたマフィア野郎たちは普通に死んでるじゃない。なんでラウだけが生き地獄なんだかね。本当に悪いヤツになりきれなかったのは罪なのか?ずっと不気味にイケメンだったヨンは本当にいやらしかったなあ。そしてそれよかヤンが、いつのまにか伝説のいいヤツになってるのがいちばん腹立たしいわ。
もう、拍手しかない
よく3作全て、こんなにエネルギー切れせずに作れたなって!

驚異です!
>|