インファナル・アフェアIII 終極無間の作品情報・感想・評価

インファナル・アフェアIII 終極無間2003年製作の映画)

INFERNAL AFFAIRS III

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.8

「インファナル・アフェアIII 終極無間」に投稿された感想・評価


完結編ですね。とても切ないお話。
過去を行ったりきたりとか、妄想が入ったりとかで少し難しかった。
今作も終わり方がきれいでよかったけど、やっぱり1作目の衝撃が忘れられなくて、1作目が一番おもしろいと思った。
綾野剛様似の俳優さんがかっこいい。
インファナル・アフェア3部作の完結編。

壮大なストーリーも終わってしまった。

3部通して素晴らしい作品でした。
薫子

薫子の感想・評価

5.0
一気に三部作
シリーズ3部作の最終章「終極無間」

ヤンの殉職から10ヶ月。警官として生きる道を選んだラウは警察内に残る潜入マフィアたちを始末してきた。そこに現れた保安部の警官ヨン(レオン・ライ)。そして彼とつながっている本土の大物密輸商人シェン(チェン・ダオミン)。完結編にして、一作目の補足説明のように現在と過去を行ったり来たり。
一作目では語られなかったヤンとの物語を描き全ての謎を解き明かす。

武器取引のシーンでヤンとヨン、そしてシェン、3人が出会うのを観ると涙が止まらない。ヤンが死んでもその魂を継いだ二人。
「明日が過ぎれば無事だ」とヤンの言葉がささる。

そして終盤、ラウは自分が善人か悪人か、そして自分のことさえもわからなくなってしまう。きっとラウは本当に善人になりたかったんだと思うんです。 ヤンを殺し、ボスであるサムまでも殺してしまった自分への罰なのかな。

シリーズ物は最後に近づくほど面白くなくなると個人的には思っているのですが、この3部作は本当に名作ですね。最後まで息を呑むシーンが多いし、全てを知った時は驚きと同時にいい意味でため息つきたくなる。涙も止まらん。何回でも観たくなるしオススメしたい。
原題:無間道 Ⅲ 終極無間
英題:Infernal Affairs Ⅲ

「運命は人を変えるが、人は運命を変えられない」
インファナルアフェア3部作の3作目。
時計の針は1作目のヤン殉職10ヶ月後から再び動き出す。
新キャストにレオン・ライらを迎え、物語は一気に加速、錯綜し、男たちのそれぞれの戦いや生き様という名の無間地獄はいよいよ終極へと向かうのか。

サーガの構成としてこれ以上ない終わり方。1に続くラストシーンに鳥肌とため息。
ちぃ

ちぃの感想・評価

3.8
過去と現在??が交差しすぎて初めは
理解に苦しみながらも・・・あ〜そうだったのかみたいな感じでした。
善人になりたかったラウの生き様を見れたけど、結局悪のままの最後は・・・
ヤンには、私の中では敵だと思っていた人が味方だったのだと思うと何故か救われた気がしました!
さすが最終章にふさわしい終わり方でした
Banana

Bananaの感想・評価

4.4
所谓终极无间。
这一部印象最深。一步错 步步错?他只想做个好人。
マダム

マダムの感想・評価

4.0
切ない。
前作で、生き延びたラウは、本当に善人になりたかったんだ。自分が分からなくなり、悪人の自分を始末出来ずに、無限地獄から抜けることができなかった。
 武器取引の日のヨンとシェンとヤンの場面、救われる思い。そしてなんともカッコいいんだよね!
 (明日が過ぎれば無事だ。) うーん切ない。
香港ノワール 最高!

シネフィルwowwowで鑑賞。
>|