ももさく

ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記のももさくのレビュー・感想・評価

3.0
金色に光る不思議な彗星が飛んでいた。

夏休み、のび太は夜パカポコと名付けた馬のぬいぐるみを空き地で遊ばせていた。次の日22世紀のどら焼き大売り出しに行ってきたら福引券がハズレて悔しがりながら帰ってきたドラえもん。そのハズレ福引券で星が貰える。牧場が欲しいのび太は読み上げていくが小さな星ばかり。そんな中いつものメンバーが訪ねてくる。最後に読み上げた番号でどこでもドアを開けるとそこは牧場だった!。そこをみんなでネジ巻きシティにしようって事になり...。

熊虎鬼五郎(内海賢二)凶悪極悪人。逃亡中にのび太の部屋のどこでもドアに入りネジ巻きシティでやりたい放題。卵増えるミラーで自分のクローンを引き連れる。

ホクロさん(松尾銀三)熊虎鬼五郎のクローンの1人だが鼻の下にホクロがあり彼だけ心優しい。

「種まく者」少年(伊倉一恵)魔人(渡部猛)金色をしており色んな形に変化する。種を蒔き星をつくった形のない神のような存在。

ピーブ(佐々木望)ネジ巻きシティの市長のぶたのぬいぐるみ。

プピー(白川澄子)ピーブの妹分のぶたのぬいぐるみ。

アインモタイン(菅原正志)アルバートアインシュタイン並みの能力がある牛のぬいぐるみ。

トーマスメエージソン(塩沢兼人)トーマスエジソン並みの能力がある羊のぬいぐるみ。

ウッキー(よこざわけい子)猿のぬいぐるみでイタズラ好き。

ティラ(茶風林)ジャイアンがティラちゃん、弟と呼ぶ大切にしているぬいぐるみ。

ドラえもんの道具「命のネジ」でぬいぐるみに命を与えて動けるようにしたり卵から馬や豚や脱獄犯が大量に生まれたり落雷が落ちたエネルギーにより卵から生まれた豚が喋れるようになるなどなど前半で既ににワクワク感がある。

環境問題の話しでもあるけど全体的には可愛いぬいぐるみ達に癒される。パカポコって名前めちゃくちゃ可愛い。

のび太が勇敢にしずかちゃんを助けようとしたけど...でもその気持ちが素晴らしい。のび太がえらいこっちゃな割にしずかちゃん以外のメンバーって冷たくない?

のび太やっぱ映画だと賢いなぁ。ドラえもんすら思い浮かばないスペアポケットと言う発想。

銀河超特急を見てた人だけにわかる道具も出てくる。

しずかちゃんとホクロさんの関係もとても良く熊虎鬼五郎の最後も良かった。

こちらの映画は1997年3月に公開、藤子F不二雄の遺作なんですね、知りませんでした。ドラえもん映画は全て見てますが随分時がたったんだなぁと実感しております。

エンディングは矢沢永吉の「Love is you」ドラえもんに矢沢永吉ってバラードではあったけど何だか違和感でした。