桔梗F

マンディンゴの桔梗Fのレビュー・感想・評価

マンディンゴ(1975年製作の映画)
4.6
「スーザン・ジョージが処女だったなら、黒人の歴史は変わっていただろう。」クラレンス・ボディッカー (アメリカ)

1820年代の南部ニューオリンズを舞台に、奴隷牧場を運営する一家の栄光と崩壊をスキャンダラスに描いた問題作!

映画冒頭からマディ・ウォーターズのブルースが流れ、観客のハートをアメリカ南部に引きずりこみます(*^^*)

黒人差別問題の映画は多々ありますが、こちらはその中でも至高の一品!
※わたしが大好きということはゲスです…

まあ、これでもかと黒人を動物扱いし、「人権?なにそれ?」状態です(´д`|||)

性奴隷にするわ、全裸逆さ釣りして拷問するわで、観てる方の不愉快度は絶頂!

主人公一家は黒人を種付け、繁殖させて奴隷として売ってるんで、まさに「チネ!」です(ノ_<。)

こちらタランティーノ監督の「ジャンゴ」の元ネタでもあり、タランティーノ自身も絶賛しています。

まあ、おもしろいほど白人側に感情移入できる人物がおらず、主人公ハロルドも白人のなかでは黒人にやさしいけど、ダメ野郎。

スーザン・ジョージも金銭目的で政略結婚させられ、旦那にも相手にされない悲劇のヒロインなのにビッチ!というたいへん難しい役(。´Д⊂)
スーザンさん、えらいわーー(。´Д⊂)

処女喪失相手は実の兄
というこれまた腐った設定(笑)

昨今の色々気を使った黒人差別映画と違い、とにかく赤裸々にエロと暴力を交え昔の南部の人々を描いているのでお勧めします(;´∀`)

おもしろいのは、公開当時、多くの映画批評家から「くそ映画だ!」とさんざんこきおろされましたが、誰一人
「映画の内容はウソだ」と言わなかったことでしょうか(^o^)

後味?すこぶる悪いですね( ロ_ロ)ゞ

P.S.日本版DVDはスーザンジョージと黒人のベッドファックシーンが2分ほどが丸々カットされてるのですよ。
よがるスーザンが観たければ、ようつべで1時間42分あたりから観ましょうね