KozaiSzatosi

ドライヴのKozaiSzatosiのレビュー・感想・評価

ドライヴ(2011年製作の映画)
3.5
なぜかレビューしてなかったな。

唐突に訪れる激しい暴力と癒しのような美しい情景が交互に訪れ、バックに流れるのはキラキラした音楽。飲むのはあくまで水。昼も夜も車を乗り回して生活する。人妻とはいえ愛する女とその子供を守るため、独りロン・パールマンに立ち向かう。

まあ、ホント、男のロマンみたいな映画だってのはわかったし、そりゃ、カッコいいとは思うが、それ以上の何かがあるかっていったら特にないんだよね。むしろ、「ヤコペッティの残酷大陸」のテーマが醸し出す癒しの側面とかが、ああ、いいなあ、ってなる。

いきなり来るトチ狂ったみたいな暴力シーンの、いかにも見せつけてる感じが鼻につく。なんか笑うべき場面にも見える反面、笑い事にならないような怖さもあって。
だからなんだろうか。後半の胸焼けするようなあの感じは何なんだろう。

まあ、普通に面白いけど、なんかスッキリしない映画。