ねぎれんほーる

ドライヴのねぎれんほーるのレビュー・感想・評価

ドライヴ(2011年製作の映画)
3.9
〝疾走する純愛〟


【あらすじ】
スタントマンと逃がし屋の二つの顔を持つドライバーの姿をクールに描くクライム・サスペンス。

【感想】
全体的にスタイリッシュでかっこいい作品だった。

なんといってもこの作品の一番の見所はエレベーターのシーン。

突然キスしたかと思いきや、まさかの展開

妙に魅せられたシーンだった。


あと車内の〝静寂〟のシーンが非常にクールだった印象がある。


そしてこの作品意外とグロい、、、

グロ系苦手な人は気をつけたほうがいいです笑



また自分はセリフが少ない作品はあまり好みではないのだが、この作品はセリフを排しながらもそれを気にさせない演出に完全に見入った。


男性なら好きそうな作品。