ドライヴの作品情報・感想・評価・動画配信

ドライヴ2011年製作の映画)

Drive

上映日:2012年03月31日

製作国:

上映時間:100分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ドライヴ」に投稿された感想・評価

ゆ

ゆの感想・評価

3.5
グロくて割とびっくり!
エレベーターのシーンうわあ〜…ってなっためちゃくちゃよかった。キャリーマリガン可愛すぎる
淡々と静かだが、バイオレンスシーンは割と残酷。
エレベーターでのシーンがとても印象的。

このレビューはネタバレを含みます

<サソリの性を背負った男のラブ&バイオレンス>

結構重いクライムサスペンスに、ラブロマンスの味付けをしているのだが、あまりに暴力描写が過激なので、恋愛ドラマが霞んでしまった感がある。
無口なヒーローは常に“静”を貫いていて、その静かな慟哭は、一途で残虐な行為に急変する。
その静寂と“間”が緊張感に満ちていて、雰囲気は『タクシードライバー』『ノーカントリー』に近い。
愛する女性に出会い、新たな人生を夢見ながら、裏社会のしがらみから死地に赴くドライバー。
そのドライバーの口から、“自分の性(さが)”で夢を壊してしまう「サソリとカエル」の寓話が語られる。
たとえ自分が死ぬことになっても、愛する人を守りたい。そうせざるを得ないのは、それが自分の性だから。
いや違う。自分でも抑えきれない凶暴な本能を自覚していて、やがてはカエル(愛する母子)を不幸にしてしまうから。
それとも、彼自身がカエルとして生きようとしながら、背負ったサソリの性で自滅していくという解釈か。
いずれにせよ、エレベーターでの惨殺シーンの意味するところが、関係を壊してでも女性を守りたいという強い意志の表れ、いやむしろ別れのメッセージであるような気がする。
やはり純愛映画であり、スタイリッシュな任侠映画である。
※映画のあらすじはブログ『偏愛的映画案内』をご覧ください。
ライアンゴズリングはなにしてもかっこいい 背中にサソリのデカ刺繍してあるジャケット(血まみれ)着て歩いてるだけでかっこいい

「サソリとカエル」

グロい
静かにグロい
オスカーアイザック気づかなかった!
運転中のうるうるの目 言葉少なくてみんな何考えてるのか全然わかんない
主人公なのに名前さえ出てこないドライバー
ピンクのフォント好き
エレベーターのシーン良すぎた・・・・・
Ty

Tyの感想・評価

3.5
スコピオライジングみたいなジャケット チープなテクノポップ
エレベーターでのキスシーン、いままで観た映画で一番好き。
mu

muの感想・評価

-
ライアンゴズリン素敵!
NENE

NENEの感想・評価

3.5
ライアン・ゴズリング演じる冷徹で残虐な一面を持つ主人公のセリフの少なさ、そしてそれを補う演技力に見入ってしまった。
目の動きやちょっとした仕草から様々な感情が伝わってきた。
ときおり見える微笑みもたまらない。
序盤のスタイリッシュな展開から、ラストに向けての血なまぐさい展開が予想出来ず、思っていたラストとだいぶ違ったが、楽しめた。
大好きなキャリー・マリガンはいつでも最高にキュート!
>|