ドライヴの作品情報・感想・評価

ドライヴ2011年製作の映画)

Drive

製作国:

上映時間:100分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ドライヴ」に投稿された感想・評価

Mashiyan

Mashiyanの感想・評価

3.9
とにかく、ライアン・ゴズリングがかっこよすぎ。落ち着いた表情の中に、殺意が垣間見える感じが最高。
ロサンゼルスの街並みも、劇中に流れる音楽もとても良かった。
rika

rikaの感想・評価

4.0
明暗のはっきりした映像とライアン・ゴズリングの美しさに魅了される100分間。纏う雰囲気はいつも静けさと淋しさに満ちていて、けれど最後にほんの少しだけ温もりを知った男の姿がとても切なくて良かったです。
b

bの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ドライブと聞いてベイビードライバーとどう違うのかなと思ったのが発端
ベイビードライバーはBGMガンガンな高速で駆け巡るカーアクション主体、カップルは可愛いものの、やや内容の深さにかけたものだと思った(でも結構すき)

ドライブは割と低空飛行で敏腕なドライバーっていうイメージは小さかった。水入りのコップのふちをふれて出す音みたいな不思議な共鳴音?が印象的。
時折時が止まったような場面がいくつもあって言葉よりも体感温度で伝わる雰囲気だった。レイチェルマクアダムスもなんだけど、キャリーマリガンの甘々な顔が可愛くて、ギャツビーの小悪魔さを思い出す。

バックボーンは全然描かれていなかったけど、返り血を浴びながらも真顔で人を殺すライアンゴズリングはまさに怪物で、下手したらノーカントリーよりグロテスク表現が大胆だったと思う。ここまで自分を犠牲にする、まさに闇のヒーローって感じ。

どちらもやはり原点は愛なのだけれど、ベイビードライバーの若いカップルの美しさと爽快感溢れる疾走
ドライブのアダルトな重低音きいたダークストーリーも対照的でよかった
ベイビードライバーでこと上手くいきすぎじゃねって思ってたからリアルさ見れて満足です
おつる

おつるの感想・評価

3.5
画になる男ゴズリング。
ストーリーは意外と大したことない。
whomi

whomiの感想・評価

3.8
ネオンデーモンから入ってこの監督に勝手に嫌悪感を抱いていたけど、今回は監督のテクニックがいい具合に光ってて個人的に好きでした。

ライアンゴズリングは寡黙で一途な男が似合う。
LAという大都会を舞台としたはずなのに、想像以上に狭い人間関係だった。後半は、失速した感じだった。
しまだ

しまだの感想・評価

3.2
ライアン・ゴズリングの視線が切ない
カーチェイス映画の中で一番綺麗で美しい作品
ake

akeの感想・評価

4.2
この人、危なそうなのに子どもにあんな笑顔を向けられるの…っていうときめきが。。
でも、無表情な時も思わず目で追ってしまっていた。この映画のライアン・ゴズリングの演技が好き。

音楽や光の感じ、漂う雰囲気とか、全体的にオシャレ。
エレベーターシーンの明暗‥

ブシャァーっとなるシーンがあると思って見ていなかったので、最初の流血シーンで「え?そういう映画なの??」という衝撃を受けた。

ミステリアスなライアン・ゴズリングが良い。
キャリー・マリガンも何ともいえない魅力があって素敵だった。
これだけの長尺で、無表情のクローズアップを魅せられるコズリングは流石と言うしかない。感情表現が極端に少ないからこそ、照明の演出(特に運転席の!)が映えるし、時折みせる表情に惹かれる。
劇場で見なかったことが本当に残念。
痛い!痛い!!

アメリカなのに銃よりナイフか。金槌か。

痛い描写に敏感になってしまった。

ライアンの演技はとても好き。
感情の分かりにくい表情とかすごく好き。
秘めてる何かがいつまでも分からない。


車の中から見る街灯や車のライト、景色がどこか切なく、ロマンチックに感じた。
>|