しんや

さらば、わが愛 覇王別姫のしんやのレビュー・感想・評価

さらば、わが愛 覇王別姫(1993年製作の映画)
5.0
1人の京劇の女形・蝶衣の波乱の人生を、中国の近代史と共に描いた作品。


作品中、何度も登場する京劇作品『覇王別姫』の虞美人レスリー・チャンの美しさにうっとり〜
京劇の赤を効果的に使ったお化粧と、
絢爛豪華な衣装、
独特な伴奏に合わせての
甲高い歌声
そこにレスリーの優雅で可憐な仕草がはまって
これは癖になる!
人々を虜にしていくストーリーに、
充分な説得力を与えたレスリーの演技、相当な努力をしたんだろうなぁ〜そして彼自身の人生と役柄が重なって、胸に迫ってくるものがあった。

レスリー以外の登場人物も面白い
恋敵の菊征は、どこか男勝り
2人を翻弄する小樓いたっては
決して美男では無く(FUJIWARAの原西に見える)
単なるやんちゃ坊主の気のいい奴って感じだけで
歴史の荒波の中では弱く、
2人を守り切れる力も無い
圧倒的な王では決して無いのだ
そこら辺のキャラが実に人間臭くて
作品に深みを与えていると思う。
シーンの移り変わりも、
余韻もそこそこにぶった切る感じも良かった。


3時間の超大作。
何となく縁が無くて見てなかったのが
悔やまれるわ〜

見終わった今、
蝶衣は何を想い、生きたのか?
色々な感情が押し寄せてきて
素晴らしい作品に出会えた幸せに浸っている。

とにかく京劇、良いなぁ〜
もっと見たいなぁ〜

と、レスリーの作品を見直したい衝動に駆られている。