さらば、わが愛 覇王別姫の作品情報・感想・評価

さらば、わが愛 覇王別姫1993年製作の映画)

霸王别姬/Farewell My Concubine

製作国:

上映時間:172分

ジャンル:

4.1

「さらば、わが愛 覇王別姫」に投稿された感想・評価

4

4の感想・評価

-
壮絶な運営に翻弄される男女の物語。
京劇によって繋がる人間模様が、中国の歴史と複雑にまじりあいながら描かれる。
中国の歴史を知っているとより楽しめたかもしれない。
舞台と現実の区別がつかなくなるほど京劇の世界に入り込んだ蝶衣の姿が強く印象に残る。映画を観ている側も、映画の世界に入り込んでしまうような感覚を味わえた。
文化大革命での三人の演技には引き込まれた。壮絶な展開と菊仙の表情は忘れられない。
ラストは、蝶衣が虞姫の役を演じきることで小楼といることを選んだのだと考えると幸せな終わり方だったと思える。舞台と現実が重なり、蝶衣と虞姫がひとつとなる。
tama

tamaの感想・評価

4.0
京劇という歴史の長い文化芸術と戦争や革命の激動の時代を重ねた大河ドラマなのだけど、よく約3時間に無理なく無駄なく収めたと感心した。蝶衣、小楼、そして小四という三人の立場や生きる時代の違う京劇役者たちが時代の流れと共に関係性が変わっていくのは上手く描けていたし、菊仙もよかった。この手法というか物語の作りは手塚治虫の名作『アドルフに告ぐ』を思い起こした。あっという間の3時間だったけど、濃い。
こまつ

こまつの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

レスリー・チャンのお色気よ

ブエノスアイレスのときもすごい色気やったけど比べものにならない、、顔の造形もそうやけど嫉妬とか欲とか丸出しなところが美しい、、そして手つきがなんかエロい
パトロンの前であんな投げやり気怠げ儚げな顔したらアカンやろ

垓下の戦い、高校の頃は劉邦目線で読んでたけどこれ観たら項羽と虞美人に肩入れしちゃうな、ていうかほんとにもう蝶衣が虞美人そのものすぎて言葉が足りません

最後、幼少期と同じ間違いをしたところが懐かし切なかった
けど蝶衣は自分が男であることをずっと意識してたんだろうなだからこそ切ねえ

マイベスト・レスリー・チャンがあり過ぎて書けないけど、小桜に隈取を描いてあげるところ、日本軍の前で素顔のまま牡丹亭を踊るところ、阿片にハマっていくところ、小桜に裏切られて絶望しながら火で化粧がボロボロに落ちてるところなど本当にド真ん中なシーンがありすぎてありがとうございます、、て感じでした

小桜について全く書いてないけど私には全然魅力が分からんかった。蝶衣があんなに執着するのも覇王だからっていう理由以外見当たらない。ただ小桜の奥さんは素敵だった、そして強かな人だけに最期が無念だった

50年の歴史を描いただけあって内容量凄かったけど全然気にならない面白さでした。むしろ3時間近く観てると京劇に対する世の中の変化に説得力が出てくるし、周囲の人達が革命と共に変わっていくのも納得できる(けど小桜は許さん)

めっちゃ長々書いたけど歴史、同性愛、綺麗な男の人が好きな人は是非に、て感じの映画でした
tomtom

tomtomの感想・評価

4.4
レスリー・チャン好きだなあ 目で語ってくるしなんか指先の動きまできれいだわこの人…
みんと

みんとの感想・評価

3.9
私にとってはかなりのチャレンジャー的な作品チョイス。
歴史的要素が色濃く理解の度合いも微妙なところだけど人間の本質を抉りとるが如く描かれた作品である事は確か。

どろどろと陰鬱な空気で覆われ尽くした時代に翻弄される主人公達。時代背景の描写は凄まじく、また独特で壮大な世界観の中でこの時代に生きた三人の運命とも宿命ともとれる生き様が壮絶だった。

アジア系作品は正直好みに合わず敬遠気味だったけれど、京劇という芸術に触れるうち徐々に苦手意識は遠ざかり、むしろ神々しくも美しくも思えている自分に驚いたりした。

そしてレスリー・チャン、名前こそ朧気ながら耳にした事があった程度。けれど本作品中での圧倒的な美しさと何処か陰りのある演技と存在感には夢中にならざるを得なかった。

勝手な先入観こそが素晴らしい映画との出会いを遠ざけるという事を思い知らされた作品だった。

そして何より歴史の疎さを痛感させられると共に勉強させてもらった作品でもあった。
目の芝居がものすごく印象に残りました。

3時間弱あるので今までビビって観ていませんでしたが、いざ観るとあっという間でした。

映画や演劇を扱う映画って現実パートも芝居っぽさを強く感じてしまい乗れないことが結構あるのですが、この映画においてはそれも表現方法として必要だったのかなと思います。前半はそこがやや引っかかりましたが。
Aki

Akiの感想・評価

3.1
歴史の勉強もできる
tk4g

tk4gの感想・評価

3.3
長編映画。
色味が場面場面で変わる。
前半のテンションは好き。
歴史とか背景とか凄い作品なんだろうな。
ラストがなんとも。
とりこ

とりこの感想・評価

4.3
上映時間172分という長さにあぁ..と思って観始めたが、観終わった後には172分という短さでこの映画が収まっていたことに驚いた。
まさに名作。

とにかく内容が濃密。大河ドラマ1年見たみたいな、むしろそれ以上の充実感があった。しばらく高揚感が頭に残って離れなかった。

芸術、文化、歴史、愛憎、自我..隅々まで隙間なく詰まってる。描き方も素晴らしい。こんなにいろんなことが1つの映画にみっちり綺麗に収まるなんて。圧巻です。
まー

まーの感想・評価

3.5
難しいし長い。
間に何があったんだろう?となることが多々あった。けど惹きつけられた。
そしてレスリー・チャンのことを知ることができて良かった。早速彼の歌を聞いてる。
>|