ヴィレッジのネタバレレビュー・内容・結末

「ヴィレッジ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

小さい頃にこの映画を見て穴に落ちたエイドリアンがトラウマだった
閉鎖空間なのに圧倒的解放感(芝生的に)、、!姉の結婚式が良い。赤の使い方も良い。「町」の衝撃たるや。そこで出会った青年よ、良い仕事したな👍ああいう場に出会わせたときに良い仕事が出来るようになるために今から徳を積んでおかないと。
どのキャラも好きになれず。
結局ノアが色々とやらかしちゃった感じでは…?という…。
傷ついたからとあって現実逃避というか偽りの幸せを作り上げ
子どもたちもそれに巻き込むやり方が好きじゃない。
色彩は綺麗だった。
いやぁ~~~~なんて豪華な顔ぶれでしょ。。。
過去の作品で、この人演技うまいなぁ~なんて思ってた人がいっぱい出てます!
特にエイドリアン・ブロディ!
ちょ~~~個性派☆「戦場のピアニスト」大好きです。
内容はといいますと・・・
うんうん。私は嫌いじゃないです!
ただ、「シックス・センス」みたいなものを求めてる人には全然期待はずれの映画でしょうね~~
私的には、人が何を求めてるのか?
争いのない平和な100年も昔のような暮らし???
今の時代の病気も薬で治せちゃうようなハイテクな時代???
見る人にけっこう投げかけてる作品だと思ったんだけど・・・
でも、ホラー作品だと思ったら大間違い!
私、めっちゃ怖い映画かと思ってちょ~びくびくしながら見ちゃいました(笑)
当時劇場で見た。ヒロインが塀を乗り越えて車からの視点になった時、映画館全体から「え?」「あれ?」という声が漏れたのが印象的だった。
最近また見てしまった。
このどんでん返しがキモなのではあるが、それがなくても楽しめる。
いいお話ですよ。
シャマラン監督作品。こういった作品は初めて見たかもしれません、大変新鮮でした。
森には化け物がいるとされ、外界と完全に関係を絶ち、自給自足をして暮らす村人たち。(前情報無しでしたので最初はファンタジーかと思いました笑)。しかし真相が徐々に明らかになっていく、実は年長者達が犯罪の蔓延する街、社会をに愛想を尽かし、ひっそりと村を作っていたのでした。森の化け物も年長者達の産んだ幻。そんな中危篤のルシアスを救うため盲目のアイヴィーが街へ薬を取りに旅立つことを決意。お供連れて出立すると森の不気味さにお供がしっぽ巻いて帰る←。アイヴィーは化け物(ノア)を返り討ちにし、なんとか外界の人に薬をもらい、村に帰る。アイヴィーが倒した化け物がノアであることは年長者たちしか知らないことになり、ノアは森で死んだことのみ知らされ、これにより一層森が恐怖の対象になり閉鎖的な村は続いていくだろうと思われる…。
街で身内が煮え湯を飲まされた年長者たちにとって"村"は外敵のいないある種理想郷だったんでしょうかね。しかしそのせいで間接的にノアを失い、アイヴィーの盲目もあるいは医療で治せたかもしれない。そう考えると皮肉なものです。そして他作と同様に1回視聴ではわからない部分があるような…またいずれ視聴したい。
どんでん返しと言うより、納得のいく理由があっての真相に行き着く。けど、それは視聴者にしかわからないように出来ている作り方が凄い。これJJエイブラムスが携わってたらもっと面白くなるのでは。
なぜかシャマラン映画でこれだけ見てなかった🌚
ガラスはレンタル始まったら見るかなw😇

なんとなくそんな気はしてたけど、怪物の正体が怪物でないことが確定した時点で私はスマホをいじりだしてしまった
でもその後、私はスマホを放り出してまたテレビにかじりついた😂
まぁ悪くないね…良くもないけど…w
長寿組が作り出した敷地ないの村で過ごす
森には魔物がいるという言い伝えを作り生活する
恋人の傷薬を貰うために盲目の女性が森を抜ける
ヒロインの子が綺麗。すき。
村人は自分で家族を殺したけど精神おかしくなって他人に殺されたと思い込んでる同士が集まって暮らしてるのかなとか勝手に推測しちゃったけど、なんかそうじゃないみたいで逆に安心した(?)
私の思考がちょっとぶっ飛んでたわ()
雰囲気よかった〜。
個人的にノア許せないめんご。
>|