ジャックシューチャー

生きてこそのジャックシューチャーのレビュー・感想・評価

生きてこそ(1993年製作の映画)
3.6
これは強烈でした。
次から次に襲いかかる災難に、生きのびるための究極の選択。それでも生きなきゃいけないの?という疑問を抱かずにいられなくなるほど辛い選択をした主人公たちですが、最後はタイトル名を思い返さずにはいられない。
とても感動的な話でした。