天使のくれた時間の作品情報・感想・評価・動画配信

「天使のくれた時間」に投稿された感想・評価

クワン

クワンの感想・評価

4.7
✨2000レビュー目✨

切なさが心のど真ん中を貫くラストが忘れられない。

もしあの時、YESとこたえていたら?

もしあの時、別の選択をしていたら?

今、ふたりはどうなっていたのだろう。

名作「素晴らしき哉、人生!」を大胆にアレンジした作品だけど、私にとっては名作を超えてかなり人生に影響を与えた大切な映画の一本。

ウォール街で成功しフェラーリを乗り回し超高級マンションのペントハウスに住んでいるニコラスケイジが体験するもう一つの世界。

それは13年前に恋人のティアレオーニと結婚しニュージャージー郊外でタイヤのセールスをして2人の子供を養う平凡な生活。

あまりの生活格差に愕然とし、娘にパパではない宇宙人と疑われながら 笑 13年前に置き去りにしていた人を、人生を愛する感情を思い出していく。

そしてティアレオーニが彼の愛を信じた恋人、もう一つの人生では美しく聡明な妻ケイトとして扮しているが最高に素敵だ✨

「私の人生でたしかなものはあなたと子供たちだけ」彼女の迷いのない吐露に人生の根幹が揺らいでいく。

でもこれはもう一つの世界。

途中、ニコラスケイジが自分の知らない、自分たちの結婚式パーティのホームビデオを眺める。

和やかな雰囲気の中、もう1人の知らない自分が皆に囃されて彼女に歌を歌い始める。

♪La La La La La La La La La ~♪means, I love you~♪

最初は笑いながら観ているが、あまりにストレートに愛を捧げる彼の熱唱に、段々と顔つきが変わってくる。2度と来ないかけがえの無い瞬間。幸せの絶頂で破顔する自分。ただ、そこにいる自分は自分では無い。

言葉をなくしたニコラスケイジの表情がたまらなく深く心を揺さぶる。

そして、クライマックスの切ない余韻に人生の限りある時間の切なさと愛おしさを噛みしめる。

この物語は決して社会的成功か家族との幸せかという二律背反を唱える映画では無いと思う。

心の奥底がキューンと締め付けられるような懐かしくて温かい感情を呼び起こし、一度きりの人生で自分が愛する大切な人や好きなことを悔いなく選択することの重みを痛切に感じさせてくれる映画だ。

人生を左右する瞬間は誰にでもある。
私が思い出に残っているものは、

一つは大学受験で失禁した時
※「愛を乞う人」レビュー

一つは新卒内定先から逃げ出したこと
※「バタフライエフェクト」レビュー

一つは会社を辞めて学生に戻ったこと
※「パラサイト」レビュー

どれ一つとして欠けても、今当たり前にいる家族はいません。

この映画は、死ぬ前に湧き上がる感情を、これ無くしてはきっと後悔するという大切な何かを発見するきっかけを与えてくれる。

今週末、東京都の不要不急の外出自粛要請がなされ、明日の仕事を休むことにしました。

会社の複数の部門では既に無給休暇の促進がなされている。

今は先行きの見えない不安に社会全体が包まれて、とてもこの苦境を“天使のくれた時間”と思える人はいないかもしれない。

でも流れていく人生の中で、一度しっかり立ち止まって、今までしてきた選択、これからしていく選択を心静かに考える時期にできるかもしれない。

不安、恐れ、怒り、見栄、恥、常識、人目、思い込み、、一つ一つ自分にまとわりついたものを削ぎ落として最後に残るものは何だろう?

全ての人にとって形は違えど、なんらかの愛。

それが発見できたらほんと生きてるだけで丸もうけ。苦しい時こそ全てはそこから始めたい。

ここ最近は皆様のお力を借りてレビューを積み重ねて来ました。改めて感謝申し上げます。

人生で大切なもの。健康、家族、そして映画と映画を愛する人すべて。今まで以上に大切に惜しみなく楽しんで参ります!

Welcome to earth !

今後ともにどうぞよろしくお願いします✨☺️✨
お金や地位より大切なものがある
てぃ

てぃの感想・評価

3.3
なにが幸せなのか。
自分が感じる幸せは誰かは幸せとは思わなくて、その幸せと感じるものができるだけ同じ人とつきあっていきたいな
いし

いしの感想・評価

3.1
面白い。
家族っていいな
まさる

まさるの感想・評価

4.0
コーヒーを飲むか飲まないか。
人生は選択の連続ですね

みんなもいいコーヒー飲めよ!
素晴らしき哉、人生!とか好きだからきっと私は「たられば味わって平凡な人生の幸せさに気づく」系が好みなんだなって思った

でもほんとに決断って難しい
こうなってたら。っていう世界が見えたら悩みなんてかなり減るし
日々の幸せに気づくことができたら誤った選択をしないで済むのかなって何度思ったことか。

あと主人公が現実世界とたらればな世界で性格とか趣味とかも変わってて
自分の人格形成って過去の産物なんだなって少し恐ろしくなったよね

そして奥さんのゲラゲラ笑うところとか、夜のシーンで浮かれちゃう感じとかほんと可愛い
チョコレートケーキ食べながらキスし合うシーンが素敵すぎていつかやってみたい

もう犬に子どもに郊外の暮らしって本当に理想すぎて
「この家で年とって皺だらけになって2人で生活してたまに孫が遊びに来るの」
って泣きながら奥さんが言ったセリフに激しく共感でした

でもそれは絶対的な人がいるのが前提なんだよなぁ。世知辛い。
ケイトは、ジャックが通勤に時間がかかることで、家族との時間がなくなることを言っていた。片道1時間半かけるなんて、日本じゃままあることだから、ショックを受けた。
犠牲を払い合いながら、それでも一緒にいたいと思うのが、愛かな。
しぐ

しぐの感想・評価

3.8
たられば
you

youの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ジャックとケイトの13年にも渡るラブストーリーというものでもないが、結果的に人して幸せの形が何なのかを気づかせてくれる素晴らしい作品だった。
仕事とは?恋人とは?愛する妻とは?家族とは?そんな誰もが深く考えないことを考えさせられるところが本作の魅力だと思う。
しかし、こんなにハッピーな結末はあるだろうか!?最後の終わり方も良かった。
>|