天使のくれた時間の作品情報・感想・評価・動画配信

天使のくれた時間2000年製作の映画)

The Family Man

上映日:2001年04月28日

製作国:

上映時間:125分

3.9

あらすじ

「天使のくれた時間」に投稿された感想・評価

イブ

イブの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

メグライアンはとっても綺麗な美しい女優さんだととても感じた映画。どんなにお金を持っていようが、人には他の人にはない感情の部分があるんだなと感じた。ニコラスケイジのスーツのシーンは父親ならではの苦悩の気持ちが現実でもあり得そうなことだと感じた。とても好き
felix

felixの感想・評価

4.5
【幸せのかたち】を考えさせられる映画。
Masa

Masaの感想・評価

3.8
誰もが羨む大富豪の人生か
ありきたりだが最愛の家族に囲まれた人生か
大切なものを生きていく中で捨てながら生きていくけれど、どれが本当に大切なのか見極められるようにしたい
伊緒

伊緒の感想・評価

4.0
「ラララ…の意味は君を愛してる」

1987年、仕事のためジャックは海外へ行ったことで学生時代からの恋人ケイトと別れる。13年後、金も名誉も手に入れ、女にも不自由しない最高の人生を送っていた。しかしひょんなことから、ケイトと結婚し2人の子供がいる、全く違う人生を経験することになる。


よくある、「家族や愛以外はみんな持ってるけどそれってホントの幸せ?」ってテーマで、だけどジャックが元の世界に固執するのは"13年かけて必死で築き上げてきた今"なんだと思うと至極真っ当な気がした。"人生の目標がない生活"を受け入れられないと嘆く気持ち。ただ単にお金がない!ってことに落胆してる訳じゃないんだなと思うとジャックに同情してしまう自分もいて。

予想通り、家族の大切さに気づいていくんだけど、じゃあ今度は家族と仕事を両立させよう!って発想がすごくシンプル。そうだよね、そうなるよね。

展開が自分にとってとても腑に落ちるもので、観ていて気持ち良かったです。

ケイトは申し分なくキレイだし、それだけじゃなく母性に溢れていてとても素敵な女性でした。目や言葉や態度からジャックのことをどれだけ愛してるのかが伝わる。ジャックが冷たい言葉をかけた時などの寂しい顔が印象的。この人にはずっと笑ってて欲しいな。

娘とタッグを組む感じも良い。
おむつの替え方が下手すぎるとか、笑えるシーンも豊富。
ああ、この時はニコラス先輩はイケメン枠だったんだなって思った😅あとドンチードルが若い。

長々書いたけど、家族を大切にしようと思える素敵な作品。尚且つ自分らしい生き方についても考えさせられる。エンディング好き。

「ケイトを抱けるのは世界でお前ひとりだけ」って考え方も素敵。
ゆん

ゆんの感想・評価

3.6
✐記録用✐

すげーお金持ちで高層階に1人で住む孤独な人生か。
田舎で奥さんと子供達がいてそこそこの家に住む人生か。

環境って大事だよなー🤔
お金持ちにはなりたいけど孤独な人生は寂しいよな😂✋
riona

rionaの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ケイトが天使👼

トントン拍子ですすんで、あれこれ面白いかなって不安になったけど、最後の空港のシーンの「ぼくたちは別々でも行けていける。だけど........」からの言葉でぐっときた
最初の空港のシーンと同じ状況だけど
2人のケツイが最初と違うということが伝わってきて、このために観たのかと安心した。(アンダーテイル的に言うケツイ)
昔の映画。考えさせられるが、そこまでめっちゃ考えさせられるわけではない。
私なら前の暮らしでも良いかもと思ってしまうかも。
子どもに癒され、ヒロインの美しさに癒され、主役の変容に勇気づけられ
>|