さっかもとゆき

灰とダイヤモンドのさっかもとゆきのレビュー・感想・評価

灰とダイヤモンド(1957年製作の映画)
4.2
最初の人違い暗殺シーンはゾワゾワした

『地下水道』の地獄が終わっても、平穏・充足は訪れない

ロケーションがあまり変わらないのがちょっとつまらんかなあ

映像はバリバリの完成度。教会の廃墟、シチュカ殺害シーンなど素晴らしい

みんな孤独な人なんだね……