東京暮色の作品情報・感想・評価

「東京暮色」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

いつものふんわりムードな感じじゃなくて、設定が冬だったり夜のシーン多めだったり、ライティングもいつもとは違う影を強く出すように作ってて、小津安二郎って悲しい話書くときにこんなにあからさまな演出するんだって思った。でもそのライティングがわりと好きだった。
この映画ってものすごく現実的な感じがする。どんなに悲しくても人生は続いていくよねっていう。割と悲しいシーンでもいつもの小津映画でかかってるような軽快な音楽がかかってるし、最後のシーンでお父さんが最初のシーンと同じ生活に戻る感じもこれが現実だなーって。身内が死んでも意外に学校に行ったり仕事してたりするもの。でもそれってなんだか悲しいよねっていうメッセージだったのかな?とも思います。
はじめてちゃんと?人妻してる原節子だったけどめっちゃ美しいっすね…なんか今までにはない官能的な感じがした。
珍しく笑わない原節子がとても印象的。あの時代に、今ではそうも珍しくない出来事が盛りだくさん。はじめっから、やり直したい。みんなそう思うんだろうな。
最後に孝子さんが、私にも我儘なところがあったのだと思います。やっていけなくても、やっていかなくちゃいけないんです。
昔の人は我慢強かったんだな。
みなさんくらいくらいとおっしゃってるようですけど、私はそうも、思いませんでした。

このレビューはネタバレを含みます

中絶した後に赤ちゃんのショット持ってきてるのめちゃくちゃ残酷。
全体的に暗いトーンの中で明るい音楽が鳴ってるのも残酷だと思った。
妻から逃げられた父。夫から逃げた長女。
孕まさせた男に逃げられている次女。そんな3人の前に逃げた母らしき女が現れた。

疑心暗鬼になっていく次女、
正論をぶつけてくる父、
それを見守るしかなかった長女。
終始暗い映画。
marina

marinaの感想・評価

4.5
暗いけど、笠智衆が良かった。頑固だと評価されていますが、私の父より100倍良かった。小津作品これからたくさん観たい。
momo

momoの感想・評価

-

暗いと聞いてはいたけど、想像をはるかに上回る暗さだった
だけどドラマチックになることを絶対に避けた小津の映画であった

小津作品を観れば観るほど杉村春子のおばはん芝居がやみつきになってくる
てふ

てふの感想・評価

4.5
家族の冠婚葬祭をユーモアを交えて描くいつもの小津作品ではなく、母の不存在から影を背負っている家庭の崩壊を抑えられたトーンで描いている。『風の中の雌鶏』など暗い作風のものも知っているが、ここまでの悲劇は一線を画している。

北海道へと立つ冬の上野駅にて、娘の原節子が見送りに来てくれることを願う母のシーンには胸を打たれた。また、そこで流れていた見送りの壮行としての明治大学校歌から、かつて北へと旅立っていった先輩の人生に思いを馳せてみたり。

実生活においても、山田五十鈴は娘の瑳峨三智子を棄て疎遠になり、有馬稲子は市川崑の子供を堕ろしているようで興味深い。

新文芸坐 山田五十鈴特集にて
『夏の娘たち〜ひめごと〜』公開記念の堀禎一特集の際に堀禎一と濱口竜介のトークショーがあり、その中で堀禎一が本作を絶賛してた
wkm

wkmの感想・評価

4.0
家族はすでに壊れてる、そこを直視するきっかけさえあれば一息でバラバラになる、二度と戻らない。有馬稲子の独壇場、よかった。
>|