たそがれ清兵衛の作品情報・感想・評価

たそがれ清兵衛2002年製作の映画)

THE TWILIGHT SAMURAI

製作国:

上映時間:129分

ジャンル:

3.7

「たそがれ清兵衛」に投稿された感想・評価


現実の地続きのようなリアリティと緊張感で引き込まれる良い映画。
ナレーションも効いてる。

先が読めない決闘のシーンはドキドキしながら、見守るような気持ちで観た人も多いんじゃないかと思う。

あと朋江(宮沢リエ)が登場するシーンが印象的。
才色兼備で男性の理想のような女性だけど、
それまでのつましい清兵衛の暮らしを見てるからか、まるで天使が舞い降りたような、すごく幸せな気分になる。よくない映画はただの天使で終わってしまうけど、この映画はしっかり人間として描かれてるから、ずっと心地がいい。
まゆ

まゆの感想・評価

3.7
草津CH
名作だ……
号泣も絶叫も爆笑もないけれど、心が震え、肌が粟立ち、静かな感動の涙があふれた。
すべき事をたんたんとこなす生活の中、心の中心にぶれない芯を持ち、激動の時代に武士として生きた清兵衛。
制約の多い武家の娘として生まれながらも、自分の想いに素直に従おうとし、しかし、果たし合いに行く清兵衛を気丈に送り出した朋江。
そして、武士であるがために辛酸を舐め、妻子を失い、藩命といいながら理不尽な切腹を言い渡すお上に背いた、強烈な異彩を放った余五善右衛門。
あぁ、この感動を言葉に表せないのが悔しい。
それにしても、出てくる人、すべての所作のなんと美しいこと。
この作品を嫌いな人はいないと思う
誰にでもおすすめできる
真田広之digりたい
まぁまぁまぁ
あめ

あめの感想・評価

3.3
日本人らしい、父の話。宮沢りえがとんでもなくきれい。
山田洋次監督には珍しい時代劇作品です。 心温まる作風が特徴な監督だけに公開当時も話題となりました。
背景となる時代は明治維新の夜明け前、凄惨で血生臭いことが実際にあったころです。劇中にも、武士同士の果たし合いのシーンがありました。そんなシーンがあるにも関わらず、その時代の武士が家族を背負っていくことを描いてます。
やはりぶれない。山田監督は徹頭徹尾生きてる人間を映しきりたいのですね。
真田広之さん、宮沢りえさんの心豊かな人物像と、二人をとり巻く社会情勢の的確な描写。そんな時代だからこその命がけで家族を守る男の存在感も胸に迫ります。そしてしっかりと地に足がついた演出はさすがだと思います。
本当に良い作品ですよ☆
好きな人は好きそうな、日本映画だった。
>|