フライ

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序のフライのレビュー・感想・評価

4.0
エヴァンゲリオン新劇場版4部作と銘打って製作された一作目だが、テレビシリーズ1~6話目迄をコンパクトに且つ高クオリティで新しく製作されているだけ有り、高精細と美しさに感動。
新劇場版なのに、初めて見た時は、映像の美しさでしか本作への良さは感じなかったが、破、Q、と見た後だと本作への見方も味わい深く感じるし、初見の人でも充分理解出来るストーリー展開は、テレビシリーズの内容も知りたくなるだろうと思えるだけに、流石だと思えた。特にヤシマ作戦の圧倒的な迫力と緊張感、第五の使徒のクオリティと作戦に使用された機器含め圧巻の美しさに、このシーンだけでも見る価値有りだと思えた。ラストでの"破"への布石は、当時めちゃくちゃ盛り上がったのが思い出されるし、ワクワクした記憶が。
エンドロールに流れる宇多田ヒカルのBeautiful Worldは、世界観をより一層感動的に、且つ美しくさえ感じさせてくれる最高にマッチした音楽!